血圧、入れ墨、腋臭、心理テストでも

(5)心臓、血圧による不合格:《血圧基準値:(上)90~140mmHg、(下)60~90mmHg》
 心臓、血圧により不合格となった人は不合格者全体の13%を占めた。不整脈、心臓の早期収縮、高血圧などの多くは、徹夜、でたらめな運動などによって引き起こされる。潜在的な心臓病や高血圧などの病気を抱える人は激しい軍事活動には適さない。

(6)“文身(入れ墨)”による不合格:
 顔や首の入れ墨、軍服やその他トレーニングウエアーを着て露出する部分に長さ3cmを超える入れ墨、その他の部分に長さ10cmを超える入れ墨、男性の眉・アイライン・唇の入れ墨、女性の唇の入れ墨は全て不合格である。入れ墨は我が軍の軍容や風采に影響するだけでなく、戦場で負傷した際に傷の状況を迅速に判断して処置するのを困難にする。

(7)耳鼻咽喉の炎症による不合格:
 耳鼻咽喉の炎症により不合格となった人は不合格者全体の7%を占めたが、その主体は中耳炎、鼻炎(外鼻道炎、蝶形骨洞炎、上顎洞炎、篩骨洞炎など)、急性咽頭炎などであった。主たる原因は風邪や耳道に水が入ったのを軽視して治療をせずに放置して慢性的な炎症になったもので、治療は長引く。

(8)腋臭(わきが)、偏平足による不合格:
 これらは遺伝性の疾患だが、わきがの人は集団生活への適応が難しく、さらに作戦中に目標を特定しやすくするので、軍隊には向かない。

(9)心理テストによる不合格:
 心理テストにより不合格となった人は不合格者全体の1.6%であった。その多くはうつ病、自閉症、二重人格、強迫神経症、偏執症などであった。

(10)風土病(=地方病)による不合格:
 風土病により不合格となった人は不合格者全体の3.4%であった。それは“大骨節病”、踝(くるぶし)や肘(ひじ)の外反、膝が45%以上曲がらない症状、肝臓・胆のう・腎臓の結石などで、地元の水質の悪い硬水を長期にわたって飲用したことに起因する。