2017年5月17日、劉心雨は朝早く起きてインターネットのサイトで“熱捜榜(検索ワード人気ランキング)”を見た。そこには「“一張恐怖的全家福(1枚の恐ろしい全家福)”」というキーワードの記事が1位にランクされていた。その記事をクリックして開いた劉心雨は、驚くと同時に不思議な思いに駆られた。その記事に掲載されていたのは、3年前に彼の一家を撮影した写真であったが、それが「恐ろしい全家福」と命名されていたのだった。劉心雨は自身のハンドルネーム「@哎呀有微博了」を使って、当該記事のコメント欄に下記の内容を書き込んだ。

本当は40~50人の大家族

(1)3年前に撮った写真が「恐ろしい全家福」だと命名されて掲載されたが、自分にはその写真を取り消させるだけの力がない。当時は孝行息子を褒めたたえる目的で撮影したものだが、今では老人扶養の圧力が大きいことを表していると言われている。しかし、申し訳ないが、私には姉と妹、弟がいるし、父方の叔父さん・叔母さんや母方の叔父さん・叔母さんもいて、全部合わせたら40~50人の大家族です。写真を撮影した時は、全員では到底写真に収まらないので、家族の代表8人で「全家福」を演じたものだった。

(2)もしも私が老人たちを扶養しなければならないというのであれば、私は社会に出て働き始めたばかりだが、働く必要もないし、結婚の必要もない、どうか皆さん、私に寄付をしてください。全く頭にくる話だ。こういうデマは何年続くのか。ところで、私は現在、父方の叔父一家、我が家、祖父母の9人で庭付きの2棟の住宅に住んでいます。もしも家族全員ということなら、50人に止まらずもっと多いはずです。写真に写っていた曾祖母と母方の祖父はすでに亡くなりました。

 劉心雨が生活する双甸(そうでん)鎮は、江蘇省南通市(常住人口:約730万人)の管轄下にある如東県(常住人口:約100万人)にある。2010年に行われた“第6次全国人口普査(国勢調査)”によれば、双甸鎮の常住人口は6万7982人で、人口構成は、0~14歳:6692人(9.8%)、15~64歳:4万9363人(70.8%)、65歳以上:1万3673人(19.6%)となっている。双甸鎮の高齢化率は19.6%で、高齢社会(14~21%)に属し、国勢調査から7年が経過した2017年の現在では恐らく超高齢社会(21%以上)に突入しているものと思われる。現に如東県の紹介記事を見ると、「県内の老齢化の趨勢は深刻な状況にある」と明記されている。

 劉心雨は自分には姉・妹・弟がいると言っているが、それは彼の両親が一人っ子政策を遵守しなかったからで、彼の家が裕福で“超生(制限以上の出産)”の罰金を支払えたことを意味する。また、劉心雨は自分の家は大家族で全部合わせたら40~50人になると言っているが、これは双甸鎮が伝統的な大家族制度を維持していて、親類間の相互扶助が依然として機能していることを意味している。しかし、現在の中国で劉心雨は例外的な存在であり、大多数の若者たちは一人っ子なのである。彼らにとって、将来の父母、父方の祖父母、母方の祖父母に対する扶養問題は大きな関心事であり、一人っ子同志が結婚すれば、扶養対象の老人が倍増することは間違いのない事実なのである。