【8】そこで、現在考えられているのが退職年齢<注>を延長する政策だが、それは実のところ“緩兵之計(引き延ばし策)”であり、“杯水車薪(焼け石に水)”に過ぎない。たとえ貴方が住宅を買わず、一生借家で良いとして、中産階級の危機など気にせず金儲けに没頭しても、老いから逃れることはできない。老いてから子供に何を望むのか。現在の人口構成を見てください。今では“二胎(2人目の子供)”の出産が許されているから、2人目を産みますか。貴方は大切な子供に自分たちの老後の面倒を見させるという巨大な重荷を負わせますか。貴方は子供が親の扶養のために彼の夢や理想の追求を放棄するのを止むを得ないことと考えますか。子供が貴方と同じように重圧に押しつぶされながら人生を送ることを容認できますか。貴方はそうはさせたくないと思うでしょうが、それが現実なのです。だからこそ、“養老問題(老人扶養)”こそが中国人にとって最大の危機なのです。

<注>中国の法定退職年齢は、男:満60歳、女:満50歳が基本であり、労働環境や身体障害などの理由により退職年齢が早まる。身体障害の場合、最短なら男:満50歳、女:満45歳。

【9】ここまで述べてきたのは前段部分であり、これ以降はネットを通じた移民サービス企業である“海那辺”の本来の目的である移民が如何に良いことであるかを論じる内容であり、ネットユーザーが注目した部分ではないと判断するので割愛する。

「恐ろしい全家福」の出所は3年前の記事

 さて、海那辺が広告文の冒頭に掲げた「一家8人の“全家福(家族そろっての記念写真)”」には出所があった。それは「新華網(ネット)」が2014年8月3日付で報じた『“長寿之郷的老齢化困局(長寿の郷の老齢化難局)”』と題する記事で、そこには同じ写真が掲載され、次のような説明がなされていた。すなわち、これは江蘇省“南通市”の“如東県双甸鎮”にある“星光居委会(星光住民委員会)”19組に属する1軒の“四世同堂(四世代の家族がそろって一緒に暮らす家)”である。20歳の大学生“劉心雨”(写真の真ん中)は将来巨大で目に見えない“養老圧力(老人扶養の圧力)”に直面するだろう。後列左から、45歳の母親、91歳の曾祖母、68歳の祖母、66歳の母方の祖父、47歳の父親、90歳の曽祖父、69歳の祖父(2014年7月23日撮影)。