民間の“人在屋檐下不得不低頭(人は軒下では頭を低く下げざるを得ない)”とか、“好死不如頼活着(立派に死ぬよりみじめでも生きている方がよい)”といった類の犬儒的生活信条が人心に深く入り込むだけでなく、高級知識分子の中の恥知らずはプロレタリア大衆に比べて少なくない。上古<注2>には“指鹿為馬(鹿を指して馬と言う)”というような、その場で自分の意志を曲げて他人に迎合し、手段を選ばず人に媚びる臣下がいた。当代にも“郭沫若”のような詩書に優れた二股膏薬の風見鶏がいた。もっと怖いのは米国のカリフォルニア工科大学で最高の科学訓練を受けた“銭学森”<注3>までもが、新聞紙上で「1ムー当たりの産量が“十数万斤(約60~70トン)”」と、誰でも知っているお笑い草の嘘を述べて政府の提灯(ちょうちん)持ちをしたことである。これでは我々の教育システムが真理の防衛者でなく、巧妙な嘘つきを育成したことになるが、それは知識と関係があるのではなく、人格の問題なのである。

<注2>“上古”とは、商・周・秦・漢までの歴史区分を指す。
<注3>銭学森(1911~2009年)は、中国の「宇宙開発の父」、「ミサイルの父」として知られる科学者。

 このような“犬儒”や“無恥(恥知らず)”はどうして流行るのか。人間性の中にある固有の“懦弱(いくじのないこと)”と“卑微(身分が卑しいこと)”を除くと、社会は数千年来、“敢言者(勇気ある発言者)”は消滅させられることになっている。“文字獄(文字の獄)”<注4>から“株連十族(一族皆殺し)”まで、勇気を持ってはっきりと物を言う一人が消滅させられた後に、負の淘汰の結果として残るのは千人の唯々諾々と従う人々である。この種の千年にわたる冷酷な条件下で、人々は沈黙を守る権利すらも剥奪され、追従とお世辞の大合唱に加わることを強制されるのである。

<注4>文字の獄は中国諸王朝で起きた言論弾圧、筆禍事件の総称。

 しかし、長い歴史の中で頑強に燃える火種はいつでもある。北京大学では、蔡元培、馬寅初、胡適、林昭などが北京大学人の硬骨と公民の尊厳を受け継いで来た。我々はたとえ手を振り上げて高らかに叫べなくとも、筆を旗印として“懦弱”“卑微”に妥協しない抗争を行い、少なくとも最低限の尊厳と思想の独立を譲り渡すことがないようにする。北京大学人、蔡元培の弟子は互いに励まし合わねばならない。

Where there is darkness, may we bring light.
Where there is despair, may we bring hope.
Where there is doubt, may we bring faith.
Where there is hatred, may we bring love. <注5>

(訳)
闇あるところに光を、
絶望あるところに希望を、
疑いあるところに信仰を、
憎しみあるところに愛をもたらしたまえ

<注5>この英文は13世紀にイタリアで活動したカソリック教会フランシスコ会の創設者である聖フランシスコに由来する「フランシスコの平和の祈り(Prayer of Saint Francis)」から抜粋して引用したもの。

“戊戌双甲子(1898年の戊戌から120年)”、 諸君、“犬儒”になるのを拒絶しよう。
北京大学120周年、師弟は背筋をまっすぐに伸ばそう。
李沈簡       2018年2月28日   北京大学

 公開されている資料によれば、北京大学は2001年9月20日に蔡元培の名前の“元培”を冠した本科教育の授業改革計画を開始し、指導教官から指導を受ける学生は専攻科目を自由選択できるようになった。元培学院はこの元培計画の産物で、2007年に元培実験班の基礎の上に設立された“博雅教育(学識豊かな教育)”を提供する、北京大学で入学試験の合格点が最も高い学部の一つである。その元培学院の副院長が辞職し、これと同時に院長ともう一人の副院長が辞職したとすれば由々しき問題である。李沈簡が当該文章を書き終えたのは2月28日であるから、国家主席の任期制限を撤廃して習近平が皇帝に即位することになった第13期全国人民代表大会第1回会議(3月5~20日)の開催よりも早い。