12月23日夜、“北京市公安局”は大規模な“掃黄(性的不道徳一掃)”行動を行い、違法犯罪の売買春を行っている容疑で“夜総会(ナイトクラブ)”の一斉取り締まりを行った。対象となったのは3軒の著名なナイトクラブで、いずれも北京市を代表する絢爛豪華な最高級ナイトクラブであった。その内訳は以下のとおり。

【1】“保利倶楽部(保利クラブ)”:
所在地:北京市東城区東直門南大街14号の21階建ビル“保利大厦”内にある“北京保利大厦酒店(Beijing Poly Plaza Hotel)”の3階

【2】“藍黛倶楽部(藍黛クラブ)”:
所在地:北京市海淀区板井路39号にある“世紀金源大飯店(Empark Grand Hotel)”の地下2階

【3】“麗海名媛倶楽部(麗海名媛クラブ)”:
 所在地:北京市海淀区大鐘寺東路9号にある“京儀科技大厦”A棟内の“京儀大酒店(Jingyi Hotel Beijing)”の地下1階

江沢民グループの資金源?

 12月25日、“北京市公安局”は中国版メッセンジャーアプリ“微信”に持つ公式アカウント「@平安北京」に、12月23日夜に行われたナイトクラブの一斉取り締まりに関して次のような報告を掲載した。

 群衆からの告発に基づき、周到な偵察を経て、12月23日夜、北京警察当局は法に照らして“売淫嫖娼(売買春)”の違法犯罪活動を行っている容疑で複数の社交場に対する取り締まりを行った。現場は東城区東直門南大街の保利クラブ、海淀区板井路の藍黛クラブ、海淀区大鐘寺東路の麗海名媛クラブで、売買春の容疑で数百人を逮捕した。目下、事件はさらなる調査を行っている。

 これら3軒の高級ナイトクラブは多数の“紅二代”や“太子党”<注1>と深い関係があると言われているが、そのうち麗海名媛クラブは中国共産党元総書記“江沢民”のグループに属する前党政治局常務委員“賈慶林”の資金源であると考えられている。

<注1>“紅二代”は「革命世代の中国共産党高級幹部を父祖に持つ子弟」を指し、“太子党”は「中国共産党の高級幹部の子弟等で特権的地位にいる者たち」を意味する。