生みの母に会いたくて仕方ありません

Q  先日サロン・ド・シマジにお邪魔したものです。楽しい時間をありがとうございました。先生に選んでいただいた万年筆、大切に使います。
 さて質問です。生みの母に会いたくて仕方ありません。私が生まれる前に親が離婚し、父方の祖母に育てられました。祖母は厳しくも愛情をもって育ててくれ、とても感謝しています。私にとっての母親は祖母だと思っています。ですが、私を置いていった実母の年齢に近づくにつれ、なぜか一目会いたいという思いが出てきました。顔も知らないのに会っても嫌な思いをするだけでしょうし、祖母を裏切る行為だとも思いますが、どうしても探したいと思ってしまいます。この考えを消すにはどうすれば良いですか。

(26歳・女性)

シマジ:相談者は26年の人生を歩み、母親が自分を生んだ年齢が近づいてきた。自分はどんな女性から生まれ、彼女から何を受け継いでいるのか。それは自分がいかなる人間であり、今後どんな人生を歩むのかという切実な問いにもかかわる問題だから、生みの母に会いたいという気持ちはよくわかる。

 だが、この世の中には、会わないほうがいい人というのがいる。知らないままにしておいたほうがいい謎というのがある。実現しないほうがいい願いというものがある。これがそのケースだよ。

ミツハシ:相談者がまだお腹の中にいるときに、相談者の父母は離婚したと言っていますから、これはかなり珍しいケースですよね。しかも、産んだ娘を夫方に渡して、以降一度も会っていない。相当複雑な事情が絡んでいそうですね。

いずれにせよ、これは会うべきではないね

シマジ:離婚協議に当たって娘への面会を禁じられたのかもしれない。だとすると、離婚は、母親に何らかの責任があった可能性が高い。

ミツハシ:どのような事情なのだか相談文に書いてないのは、そのあたりのことを相談者がきちんと聞かされていないからなのか、事情は知っているが、ここに書くのは相応しくない、あるいは、はばかられると感じたからなのか……。

シマジ:子供からすれば、なぜお母さんがいないのかというのは、とても疑問のままにはしておけないはずで、当然、おばあちゃんや父親に「どうしてママはいないの?」と聞いたはずだ。そこで相談者の成長段階に応じた説明があったと思うね。だから、これまで聞かされてきた離婚の事情に完全には納得できず、産みの母に会って話をしてみたいと思ったのか、離婚の事情を飲み込んだうえで、血のつながった母を恋しいと思ったのか、そのどちらかだろう。だが、いずれにせよ、これは会うべきではないね。

 生みの母は、どんな事情があれ、相談者のもとから去る決断をしたんだ。腹を痛めて産んだ子を捨てる。これは母性という本能に反することであり、半身を奪われるような痛みだ。でも、相談者の生みの母はそれを選んだんだよ。もし、それが半ば強いられたものだとしても、彼女は二度と娘と会わないと決め、それを26年間貫いてきた。そうして生きてきた女性にとって、言葉は悪いが自分が大昔に捨てた娘というのは、邂逅を手放しで喜べる相手ではないだろう。