この連載では、以下の■図にある「7つのステップ」の中で、
 ①「3つの基本戦略」
 ②「多様なメンバーをチームに集める」
 ③「無消費の状況や満足過剰な顧客を探す」
 ④「『正しく』ブレインストーミングを行う」──という4つのステップについて説明してきました。
 そして、前回から⑤「破壊的アイデアを選び出す」方法を説明しています。

■図 破壊的イノベーターになるための7つのステップ
この連載では、上の図の7つのステップの中で、①「3つの基本戦略」→②「多様なメンバーをチームに集める」→③「無消費の状況や満足過剰な顧客を探す」→④「『正しく』ブレインストーミングを行う」→⑤「破壊的アイデアを選び出す」──と5つのステップについて順番に説明してきました。今回は⑤の説明の後半です。

戦略とは、選ぶことである

 私がかつてハーバード大学ビジネススクール留学中に受けた、経営学者のマイケル・ポーター先生の講義で印象に残った言葉に"Strategy is a choice."(「戦略とは、選ぶことだ」)というものがあります。

 その言葉の通りに、この連載の前回、私たちはブレインストーミングで出された多種多様な「アイデア候補生」の中から破壊的アイデアを戦略的に「選び出す」ための12の「質問項目」うち、前半の6つを学びました。

前回のまとめ…アイデアをふるいにかける(前半の6つの質問)
①その機能は多くの顧客に取って重要か?

②顧客はなんらかの制約によって妨げられているか?

③「必要十分」な部分と「優れている」部分のバランスは適切か?

④比較的低コストで素早く実現可能か?

⑤顧客が既存サービスや「無消費」の状態から乗り換えてくれるか?

⑥目的達成のためにパートナーは協力してくれるか?