今回の宿題:あなたがLINEの経営者だったら、買収したウィンクルをどのように経営しますか?

 さて、この注目すべきイノベーター企業、ウィンクルに対し、インターネット企業のLINEが出資、過半数の株式を取得して連結子会社化しました。さてここで問題です。

 あなたがLINEの経営者だったら、買収したウィンクルをどのように経営しますか?
 以下の3つの選択肢の中から考えてみてください。

 ① ウィンクルをLINEと完全に統合する。

 ② ウィンクルとLINEは完全に分けて経営する。

 ③ AI(人工知能)技術や課金/決裁システムなどの資源は共有するが、それ以外の仕事のプロセスや価値基準についてはウィンクルとLINEのそれぞれを尊重して経営する。

(これまでの連載をきちんと読まれてきた皆さんには、簡単すぎるかもしれませんね)

 

 さて、いかがでしたか? 今回もお楽しみいただけましたでしょうか?

著書の紹介

 これまでの連載を復習したい方や、今後の連載について予習をなさりたい方は、拙著『日本のイノベーションのジレンマ 破壊的イノベーターになるための7つのステップ』(税込2,160円、翔泳社)が発売中です。

 よろしければ是非、読んでみて下さい。