皆さんもご存じのとおり、これまでの床屋では、洗髪し、髪を切り、ヒゲを剃り、もう一度洗髪して切った髪を洗い流し、トリートメントしてセットするという一連のサービスがパックになっている場合が多く、その値段も3000円を越える場合が多かったです。 これに対し、QBハウスではそもそも髭剃りはしません。また、髪を切る前に洗髪することもしません。

 QBハウスでは、まず髪を霧吹きで湿らせ、顧客の要望に応じて髪を切り終わったら、洗髪するのではなく電気掃除機のようなもので髪の毛くずを取り除くだけです。

洗髪をしないことで水回りを不要に

 洗髪やヒゲ剃りをしないことで、店舗に洗面台を設置する必要がなく、新規開店の際に水回りの工事が不要で、開店資金を低く抑えられそうです。また、このおかげで駅のホームなどの水回りの工事が難しい場所にも出店が可能になりました。

 必ずしも必要でないヒゲ剃りや洗髪、セットなどのサービスを削ることにより、散髪に要する時間も10分程度と短くなりました。

 これにより、「手早く髪を切りたい」という顧客の需要により応えられるようになると同時に、店は同じ時間でより多くの顧客にサービスを提供できるようになったのです。

 さらに、QBハウスの必殺技(と私が思っている)が、店の外からでも混雑状況が判る“信号機”です。顧客にしてみれば、今日、髪を切らなかったからといってすぐに死ぬわけではありません。混んでいたら、明日にすれば良いだけです。

 顧客は、この信号機を見て自主的に待つ・待たないを判断します。これにより、顧客の「待たされ感」が大幅に低減するとともに、QBハウス側は、時間の自由が効く顧客には空いている時間に回ってもらうことで繁閑の波を平準化し、平均稼働率を向上させることが可能です。

経営ツールとしての「信号機」

 つまり、この“信号機”は、顧客満足の向上と、店舗稼働率の向上という一石二鳥を実現する優れた経営ツールなのです。

 こうした計算し尽くされた個別施策が一体となってQBハウスのビジネスモデルはできあがっています。だからQBハウスは、約1000円でヘアカットを提供しても、十分に利益が出るコスト体質になっているのでしょう。

 また、このビジネスモデルは、既存の理髪店にはなかなか対抗するのが困難です。ひっきりなしにお客さんが来てくれる場所に立地し、低コストで店舗を構え、長い営業時間を交代制で回し、券売機によってお金のやり取りを機械に任せ、用品は共同で調達することでコストを抑える…などなど、QBハウスに対抗するためには、これまでの仕事のやり方を劇的に変える必要があるでしょう。

 実は、ハイエンド床屋を去ってから、私もQBハウスを愛用するようになりました。最初こそ、髪を切ってもらった後に掃除機のようなもので頭を吸われるのに抵抗感がありましたが、慣れてしまえばどうということはありません。短いスキマ時間で散髪が済ませられるので非常に便利です。そして、何より、おサイフに優しい。

 つまり、QBハウスは、既存の理髪店に「過剰に満足させられていた」顧客に対して「必要十分」なサービス(いわば白米ではなく麦飯)をローコストで提供するローエンド型の破壊的イノベーションであると言えるでしょう。

 さて、お楽しみいただいている「イノベーションの兵法」も今回で10回目となり、今後「破壊的イノベーターになるための7つのステップ」について学んでいく予定です。そこで、今後の予習をしたい方向けに、テキストブックともなる書籍を出版させていただきました。

日本のイノベーションのジレンマ 破壊的イノベーターになるための7つのステップ

 翔泳社より発売中です。

 皆様、よろしければ是非、お近くの書店等で手に取ってみて下さい。