私も社員も飛び抜けて優秀だったわけではありません。なぜ再建できたかと言えば、経営課題をいかに解決するかを徹底しただけです。経営課題を放置すれば企業は衰退する運命にあります。経営課題を明確にし、それを解決する仕組みを作るのが経営者やリーダーの役割。自分の体験やダイエー退社後に様々な企業の顧問やコンサルティングを重ねてきた経験から特に強調したいのはこの点です。

 付言すれば、経営者には4つの資質が必要です。情報収集力、時代を見抜く先見力、決定力・実行力、そして会社や組織を引っ張るリーダーシップです。中でも重要なのが1つ目と2つ目。正しい情報に基づき変化が激しい時代の先行きを見抜く力があれば正しい意思決定ができ、会社経営も順調となり、リーダーシップも高まっていくからです。

 私を育ててくれた中内さんは地価が上がり続けるものという「土地神話」を信奉し、多額の借金をして店舗用地の先行取得を続けました。しかし、バブル崩壊で地価は急落し経営危機に陥りました。ダイエーは再建途上でローソンを売却し、総合スーパーのダイエーを残しましたが、むしろダイエーを売却し、成長の可能性を秘めたローソンを残せば経営再建できたのではないかと思っています。経営者にとって先見力がいかに重要かを示す象徴的事例です。

 独立後は全国各地の農産物の流通や販売支援などにも携わってきました。「農業応援隊」という雑誌も発行し、農業法人や「農業女子」などの取り組みをバックアップしています。経営課題を解決し変化に適応することが大事という点は農業の世界でも同じです。(談)