【メルマガ独自解説】
 2001年に、記者1年生で日経ビジネスに配属されました。大学で環境倫理学を専攻していたこともあり、編集部内の会議で、環境経営をテーマにした特集の提案を何度もしました。
 しかし、「大事なテーマなのは分かるが、企業にとって『環境』対応はコストであって、もうからない。読者を引き付ける企画にするのが難しい」と、毎回ボツに……。私の企画案が拙かったこともありますが、事実、企業経営にとって「環境」「脱炭素」が中心課題だと考える人は、当時は極めて少数派でした。
 それから20年、今では主要企業の多くの経営者やステークホルダー(利害関係者)が、「脱炭素というゲームチェンジに乗り遅れれば、成長も存続もままならない」という危機感を共有するようになり、誌面でも脱炭素が主要テーマの1つになりました。
 しかしいまだに、会社の収益力を高め、変化への耐性を引き上げる、“もうかる”脱炭素経営の姿がはっきりと見えているわけではありません。そこで、2月28日号特集「脱炭素経営ランキング」では、専門家68人の協力を得て、新時代に勝ち残れる本気の脱炭素経営に挑んでいる企業を明らかにしました。これから伸びる企業はどこか、環境変化に負けない企業はどこか、ぜひご一読ください。
(日経ビジネス副編集長 吉岡 陽)