【メルマガ独自解説】
 米アマゾン・ドット・コムが通常ならシアトルの本社で開いている秋の新製品発表会が、今年は新型コロナウイルスの影響でオンライン開催となりました。楽しみにしていた出張はお預けとなり、ニューヨークの自宅でパソコンを開いて視聴していると、突如、遠くから聞き慣れた声が聞こえてきました。
 「ふ~む、何を言っているのか分かりません。もう一度、言ってもらえますか?」
 自宅に置いていた同社のスマートスピーカー「Echo(エコー)」が発表者の「アレクサ」の声に反応していたのです。いつもなら筆者の声にのみ反応するのですが、時折こうして誤作動をすることがあります。約1時間の発表会中、彼女(音声設定を女性にしています)は3回も「ふ~む」と言っていました。そんな間違いもいとおしく感じてしまうのは、筆者もアマゾン創業者ジェフ・ベゾス氏の戦術にはまる一人なのかもしれません。
 10月11日号の第2特集「ベゾス後のアマゾン 『果てなき膨張』へ再起動」では、ベゾス氏が生み出した「成長の方程式」を振り返り、7月に同氏の後を継いだアンディー・ジャシーCEO(最高経営責任者)が導く同社の未来を予測しました。何らかの形で皆さんのビジネスのヒントとしていただければうれしく思います。
(ニューヨーク支局長 池松由香)