【メルマガ独自解説】
 今では空気のような存在となったインターネットも20年前は普及期を迎えたばかりで、グーグルもアマゾンも創業して間もない企業でした。「あと20年もすれば宇宙は当たり前の場所になる」。目を輝かせるでもなく、淡々と語る中村さんの話を聞いていると、時代の大きなうねりのようなものを感じます。
 米モルガン・スタンレーは2040年に宇宙ビジネスの市場規模が1兆ドルを超えると予測しています。ただ世界で2000社以上といわれる宇宙スタートアップも日本では50社程度。米国勢は資金力とスピード感で圧倒し、中国勢は国家の後押しもあり、急成長しています。宇宙のテックジャイアントが日本から生まれるか。いまこそ官民の知恵を結集する時です。
(日経ビジネス編集長 磯貝高行)