【メルマガ独自解説】
 「ふじっこ煮」に「おまめさん」、「カスピ海ヨーグルト」に「フルーツセラピー」。全て食品メーカー、フジッコの商品です。年間売上高660億円と食品メーカーでは中規模ながら、多様な商品群を持っています。ロングセラー商品も多く、ふじっこ煮は約50年、カスピ海ヨーグルトやフルーツセラピーといったフジッコの中では比較的新しい商品でも約20年の歴史があります。
 なぜ、長い間消費者に支持される商品が作れるのか。なぜ、ヨーグルトなど新規参入した市場でも有名ブランドをつくり出せるのか。その理由をひもとくと、「消費者ニーズをしっかり商品開発に生かすこと」というシンプルな答えにたどり着きました。ただ、消費者ニーズを知るための努力は並大抵のものではありません。コールセンターやスーパーの試食販売員など、ありとあらゆる手を尽くして消費者の生の声をすくいあげようとしています。ケーススタディー「11期連続増収のフジッコ、買い手の本音を究極まで探る」では、究極のマーケットインで成長するフジッコの取り組みを取材しました。
(日経ビジネス記者 白井咲貴)