そんな緩まないネジ、L/Rネジがいよいよ本格的に市場に投入される。10月24日、ネジロウは金属加工製品商社の井上特殊鋼と大型のL/Rネジの製造・販売に関する業務提携を締結した。インフラ関連や工場の生産設備など、大型ネジの需要がある現場での採用を目指す。第一弾として、山崎機械製作所(滋賀県湖南市)が使用している大型熱間鍛造用の生産設備に試験設置した。

約2年間、井上特殊鋼と共同で大型ネジの耐久・強度試験などを繰り返した結果、最大直径100mmまでのネジ規格を作成した。

 ようやくスタートラインにたったL/Rネジ。しかし、記者の中ではいまだに釈然としない思いがあった。初めて会ったときに感じた、「この人、一体何者なんだ」という問いの答えがまだ見つかっていなかったからだ。

 なぜ小学校を“中退”したのか、なぜ緩まないネジを開発できたのか、なぜアイデアが次から次へと浮かんでくるのか――。初対面の頃から変わらず、いまだに道脇裕という人物を掴み切れずにいる。

 どんな環境が、この奇才な発明家を生み出したのか。これまで語られたことのない、道脇裕誕生のルーツを辿ってみた。