「人事」の成否は、つまるところ「仕事」だ

J.フロントリテイリング執行役員 業務統括部グループ人事部長 忠津剛光さん(以下忠津):うん、結局は、人事制度って「仕事」なんですよ。

平田:というと?

忠津:当たり前の話ですけど、その仕事が、その人にとって魅力的なタスクでない限り、「早く復帰しよう」とは思わないじゃないですか。子育ては自分自身も成長できる、人生の中の大切なタスクですから、ある一定期間はそこに集中したいけれど、やっぱり仕事のタスクも大切にしたいという女性も世の中にいるわけです。しかし、仕事が単に収入を得る手段だと思えば、できるだけ長く休んで、そこそこ働けたらいいや、ということになります。

 そうすると、私たちには、いかに仕事を魅力的にするのかということが求められるわけです。それはテナント運営や街づくりであったり、新たなグループの仕事であったり。これまでは「店頭販売→マネージャー」という単一のルートしか用意できていなかったので、そこにハマる人もいれば、いない人もいますよね。

小野寺:ワクワクする機会をたくさん提供できれば、コミットする人も出てきますよね。

忠津:あとは、一定の時間内で成果を出せる職務なり、ビジネスなり、分野なりを開発、開放していくことも必要です。先日、復帰したワーキングマザーの社員と話していたら、「もっと会社が使ってくれればいいのに、なんで“時短で働く社員”になった瞬間に、割り切った使い方しかできないな、という目でしか見ないんでしょうか?」と言われました。

平田:ああ、その気持ち、すごくわかります。

忠津:周りが「時短だから仕方がない」という目で見てしまって、枠組みが人の可能性を規定してしまっていたんですよね。百貨店は8時~9時まで営業しています。販売でキャリアを積むには売り場のリーダーになる必要がありますが、重田が言ったとおり、お子さんを預けて働いている女性に9時まで残ってくださいというのは極めて難しい。

 でも、テナント型に移行したら、基本的にはBtoBのテナントサポートが仕事になるので、定時で帰るとか、交代で対応することもできます。外商部門も、これまで学卒の女性社員を配属することはあまりなかったのですが、お客様と深い関係を築いていますから、しばらく担当を外れたとしても復帰しやすいですよね。それに、外商担当の醍醐味って、やっぱりお客様に可愛がっていただく、頼りにしていただくということにある。これがものすごいやりがいになります。今後扱う商品やサービスが拡がっていくと、専門知識の勉強も必要になって、ますます仕事が楽しくなってくるでしょう。

重田:本社の総務や法務なんかも、以前は女性が少なかったのですが、比較的時間の融通が利くので、知識さえ身につければ時短で復帰しても活躍しやすい場として考えています。

忠津:そういう風に仕事の仕組みが変われば、女性の活躍の場が拡がっていきます。手厚い制度は制度で置いておきながら、一刻も早く復帰したいという気持ちになれるような職務開発や、会社の風土づくりの努力をするのが、私としては一番の王道だと思っています。

「あいつは知っている」的な人材登用からの脱却

小野寺:職務やキャリアコースが多様化すると、次は仕事のアサインをどうするかですね。これまでは用意された一つのステージで、用意されたとおりに働いていればよかったのが、今後はどういう風に人事が配置していくのかが勝負になるのかなと。

重田:産休に入る前までに、いかに本人の希望や適性にあった職務にアサインできるかどうかというのは、大きなポイントでしょうね。少ない事例ですが、本社のバイヤーなんかだと1年で復帰した方も過去にはいらっしゃいます。適性を見極めるために、もっと若いうちから積極的に異動させていくことが前提になるかと思いますが。

平田:先ほど、本部やバイイングに行ける人は稀だったというお話がありましたが、そういう意味で重田さんや杉谷さんは恵まれていらっしゃったのですね。ご自身では言いにくいでしょうけれど、どうして選ばれたんだと思われますか?

杉谷:そんな、選ばれたというほどのものでは。(笑)

平田:これまで御社がどういう観点で人材を登用されてたのかなーと思いまして。

重田:基本は男女の区別なく、能力や実力で配置を行っています。今後の女性活躍推進という観点からは、社内で女性のロールモデルをたくさん作ることが重要だと考えています。そして、次世代の人材をロールモデルの下に配置することで、いい意味でのロールモデル輩出の循環ができればと考えています。

忠津:仕組みとしては、通年でいつでも異動希望を出せる自己申告制度が昔からあって、弊社は他社と比べても、積極的に自己申告を受け容れる土壌があります。「節目面談」というキャリア相談機会も、27歳、34歳、44歳、53歳のタイミングで設けています。なので、自分で勉強してきた成果や実績を訴え、自分の意思でキャリアをつかみ取ることはできるようになっているんですね。

J.フロントリテイリンググループ広報・杉谷智恵さん(写真左)と忠津人事部長(右)
J.フロントリテイリンググループ広報・杉谷智恵さん(写真左)と忠津人事部長(右)

次ページ メッセージが届くのは、早くて1年半後