もっと若い人に戦略立案を任せたい

福田:可能性を感じる領域ですね。データドリブンの重要性が高まると同時に、テクノロジーを扱う人材の育成も必要になるでしょう。アデコがこれから必要とする人材像はどのようなものですか。

岩嶋:来年度に向けて計画しているのがデータアナリストの育成です。多岐に渡る情報を分析できる人材を育てていきたいと考えています。

 それから、戦略に基づく戦術の展開も重視しています。多くの日本企業では、ウェブ、メール、ソーシャルと担当者が違うことがよくあります。戦術間の連携がうまくできていなかったり、お客様との関係を共有できていなかったりすると、機会損失が発生します。これは扇の要である戦略を作っていないからです。戦略を明確なフレームワークで作り、戦略に基づき戦術を展開できる人材を育てたいと思っています。

福田:今のお話に出た戦略の重要性を考えるのは誰でしょうか。やはりCMO(最高マーケティング責任者)やCEO(最高経営責任者)になりますか。

「アデコのビジネスの本質はHtoH(Human to Human)」と岩嶋本部長(左)は強調する(写真:清水盟貴)

岩嶋:全体をオーガナイズするのはCMOですが、実際に戦略を考えるのはもっと若い人に任せたいですね。デジタルメディアの活用方法だけでも、若い人たちはどんどん新しい使い方を見つけています。ミレニアル世代をターゲットにするビジネスでは、デジタルを使いこなしている若い人たちの知識が必要になるでしょう。けれども戦略の作り方が分からない。ならば、そういった経験値がないところを年長者が支援するやり方がいいと思います。

 市場が複雑になる中、上位職が一人だけで戦略を作っていると時間もかかるし、できることは限られる。新しい時代のトレンドを追いかけるには頭も固くなりがちです。戦略を作れる若い人を増やせば、よりスピーディーに時代の顧客の要望に合った戦略を柔軟に作ってくれるはずです。

福田:もっと「任せる」ことがマネジメントの重要なマインドセットなのかもしれませんね。以前とは全く違う業界に転身したことをどのように考えていますか。

岩嶋:コニカミノルタは精密機械メーカーで、デジタル変革に早く成功しないといけないという危機感がありました。一方、人材サービス業は人を扱う分、デジタル変革には時間がかかります。営業のスタイルも人間のリズムに合わせたものですし、導入しているテクノロジーも人間のサポートが中心です。

 アデコのビジネスの本質はBtoBかBtoCかではなく、H2H(Human to Human)そのものです。だからこそ改善したいところに気付きます。デジタル変革にのんびりしている分、逆にそれは大きなビジネスチャンスになると確信しています。