全3472文字

 無印良品、ファミリーマート、パルコ、西武百貨店、西友、ロフト、そして外食チェーンの吉野家--。堤清二氏が一代でつくり上げた「セゾングループ」という企業集団を構成していたこれらの企業は、今なお色あせることはない。

 日本人の生活意識や買い物スタイルが大きな転換期を迎える今、改めて堤氏とセゾングループがかつて目指していた地平や、彼らが放っていた独特のエネルギーを知ることは、未来の日本と生活のあり方を考える上で、大きなヒントとなるはずだ。そんな思いを込めて2018年9月に発売されたのが『セゾン 堤清二が見た未来』だ。

 本連載では、堤氏と彼の生み出したセゾングループが、日本の小売業、サービス業、情報産業、さらには幅広い文化活動に与えた影響について、当時を知る歴史の「証人」たちに語ってもらう。

 連載第14回目に登場するのは、イープラスの橋本行秀会長。セゾングループが悲願の銀座・有楽町地区に、有楽町西武をオープンしたのが1984年。有楽町西武は、物販業としての百貨店の枠を超えて「コト消費」を目玉にしてスタートした。この時、同店内から開始したのが、チケット販売大手・イープラスの前身であるチケットセゾンだった。堤清二氏はチケット事業にどのような思いを込めていたのか。イープラスの橋本行秀会長に聞いた。(今回はその前編)。

イープラスの橋本行秀会長

橋本さんはチケット事業を担当する前、西武渋谷店などで勤務されていたそうですね。

橋本行秀氏(以下、橋本):1971年の入社後、渋谷西武の紳士服売り場に配属されました。女のA館、男のB館。紳士服は1、2階。地下はヤングの風俗をいち早く取り入れたフロアでした。当時の百貨店業界では、なかなか考えられない発想の店でしたね。

 それも当時の紳士服といえば、スーツかセーターくらい。そういう時代に、カジュアル部門を初めてフロアとしてつくった、渋谷西武は画期的でした。

 今ではユニクロなどが率先していますが、当時は渋谷西武によって、男性向けのタウンカジュアル、スポーツカジュアルといった、カジュアル文化のようなものが一つのジャンルとなったのだと思います。

 当時はアパレルメーカーが、そういうカジュアル衣料をあまりつくっていませんでしたからね。コンセプトが先行していたけれど、商品を集めるのは結構大変でした。

池袋が地盤の西武百貨店が、渋谷に進出したのが1968年。1973年にはパルコが渋谷に出店するなど、グループが急拡大し、勢いに乗っていた時期です。

橋本:特に渋谷西武は、池袋店とは違った、独自仕入れを行うなど、妙に独立した雰囲気がありました。渋谷にはパルコもできて、公園通りに向けて、新しい若者の流れができていた。だから我々社員も、肩で風を切って歩いていた感じでしたね。

 パルコと西武は兄弟会社のイメージがとても強かった。公園通りでは、「渋谷ジァン・ジァン」という教会の下にあったスペースで、コンサートや演劇が催され、パルコには劇場があって話題を集めました。渋谷が文化も含めた聖地のような存在になっていて、本当に活気のある時代でした。