無印良品、ファミリーマート、パルコ、西武百貨店、西友、ロフト、そして外食チェーンの吉野家--。堤清二氏が一代でつくり上げた「セゾングループ」という企業集団を構成していたこれらの企業は、今なお色あせることはない。

 日本人の生活意識や買い物スタイルが大きな転換期を迎える今、改めて堤氏とセゾングループがかつて目指していた地平や、彼らが放っていた独特のエネルギーを知ることは、未来の日本と生活のあり方を考える上で、大きなヒントとなるはずだ。そんな思いを込めて2018年9月に発売されたのが『セゾン 堤清二が見た未来』だ。

 本連載では、堤氏と彼の生み出したセゾングループが、日本の小売業、サービス業、情報産業、さらには幅広い文化活動に与えた影響について、当時を知る歴史の「証人」たちに語ってもらう。

 連載第11回目に登場するのは、J.フロントリテイリングの奥田務特別顧問。奥田氏はJフロントの元会長兼CEO(最高経営責任者)として、かつてセゾングループだったパルコを2012年に買収。1970~1980年代に百貨店業界に旋風を巻き起こし、パルコなどの新業態も次々と生み出した経営者・堤清二氏を、同じ百貨店の大丸を率いてきた奥田氏はどう見ていたのか。西武全盛期の様子や経営者・堤清二の評価などについて聞いた。(今回はその後編)。

J.フロントリテイリングの奥田務特別顧問(写真/竹井俊晴)

インタビューの前編「本来日本の百貨店は1980年代に終わっていた」で奥田さんは、老舗百貨店はなかなか変われない、とおっしゃいました。かつての西武百貨店は老舗ではなく新参者だったから、新しいものを生み出せたのでしょうか。

奥田務氏(以下、奥田):僕は大丸時代とJフロント時代を加えると、トータルで17年の間、企業のトップを務めていました。

 一見すると長いようにも思えますが、実際にはあっという間です。株主にも気を配らなくてはいけないし、(Jフロント傘下の)大丸や松坂屋が連綿と守ってきた300年の歴史を途絶えさせないように、という思いもありました。けれど、きっと堤さんはそんなことは考えていなかったはずです。

 堤さんのことを、アントレプレナーとしてものすごく評価をしています。

 ただ、私たちのような企業経営者から見ると、やはり疑問符が付くところもあります。会社(セゾングループの不動産会社・西洋環境開発)を潰してしまいましたから。

 僕のようなサラリーマン経営者とはきっと経営者としてのフィールドが違うのだと思います。

 堤さんだって、西武百貨店そのものはお父さんから継いだものです。けれど、やっぱりセゾングループの創業者は堤さんだった。若くして西武百貨店を受け継いで長く経営トップを務めた。その長さと、時代に現れた経営の新しさ、そして新しい業態をどーんと打ち出してやっていく手腕は、堤さんならではのもので、やっぱり我々にはできません。

創業経営者ならではの自由さがあったわけですね。

奥田:それは、ニトリにしたってユニクロにしたって、みんなそうですよね。

 百貨店というのはいい意味でも悪い意味でも、まれな業界です。リスクを取らないことは「悪」ですが、それが企業を永らえさせている面もある。ただ、今回の変革の波を乗り切れるかどうかはもう分かりませんね。「アマゾン」や「メルカリ」が出てくる中で、百貨店は本当に生き残っていけるのか。

 実はちょうど今、メルカリについて調べているのだけれど、ああいったものが誕生したら、もう我々は付いていけません(笑)。私も会員になりましたよ。自分では売買していませんが、それでも「メルカリ価格」は恐ろしいと感じました。もう消費者が変わっているんですね。

 かつて堤さんが想像した見たいの消費者像とも、現代はもう違っていると思いますね。

堤さんはインターネットが普及した世界の在り方を一部では予見していました。

奥田:それでも、現代のような形になるとは思っていなかったんじゃないでしょうか。

 堤さんや私たちは、インターネットが台頭することによる変化は見てきたけれど、これからは、とんでもない激変の時代に入っていきます。様々な業界で激変が起きています。

 ネットが一つの大きな起爆剤となって、資本主義や民主主義が大きな転換期を迎えている。そういった大きな構造変化が始まった。これはもう、先の見通せない時代になっています。