無印良品、ファミリーマート、パルコ、西武百貨店、西友、ロフト、そして外食チェーンの吉野家——。堤清二氏が一代でつくり上げた「セゾングループ」という企業集団を構成していたこれらの企業は、今なお色あせることはない。

 日本人の生活意識や買い物スタイルが大きな転換期を迎える今、改めて堤氏とセゾングループがかつて目指していた地平や、彼らが放っていた独特のエネルギーを知ることは、未来の日本と生活のあり方を考える上で、大きなヒントとなるはずだ。そんな思いを込めて2018年9月に発売されたのが『セゾン 堤清二が見た未来』だ。

 本連載では、堤氏と彼の生み出したセゾングループが、日本の小売業、サービス業、情報産業、さらには幅広い文化活動に与えた影響について、当時を知る歴史の「証人」たちに語ってもらう。

 連載第7回目に登場するのは、消費社会研究家として活躍する三浦展氏。三浦氏の原点はパルコに入社して配属されたマーケティング誌「アクロス」編集室。三浦氏は2000年代、堤氏との対談『無印ニッポン』(中央公論新社)を刊行するなど、堤氏との接点を持ち続けた。三浦氏は、「堤さんは30年先の消費社会を予見していた」と話す。堤氏の先見性や独自性はどこから生まれたのか。堤的思考の秘密について聞いた。(今回はその後編)

消費社会研究家として活躍する三浦展氏(写真/的野弘路)

堤さんは、銀座という場所へのこだわりが強かったようですね。

三浦 展氏(以下、三浦):なぜ彼はあんなに銀座に執念を燃やしたのかとも思います。三越、高島屋などへの反発心なのでしょうか。

 そういうところは、僕にはやはり分からないところがあります。「いいじゃん、渋谷で、池袋で」と思うのですが。

 でも、僕がそう思えるのも、堤さんが渋谷や池袋を変貌させたからこそです。

 渋谷でパルコが一世を風靡し、増田通二(パルコ元社長、会長)さんのものになっちゃったという意識が、堤さんの中に少しあったのかもしれませんね。だから自分は渋谷ではなく、銀座で勝負すると思ったのかもしれません。

 それで渋谷では、若い水野(誠一)さんに「ロフト」や「シード」をやらせた。

セゾングループのホテル西洋 銀座に併設する形で、劇場も銀座につくりました。

三浦:有楽町西武だって、本当は「銀座西武」と言おうとしたんです。銀座セゾン劇場よりもずっと前、1970年代に小さな銀座パルコが一瞬あったこともあるらしいですよ。

 増田さんは堤さんに比べれば、何千分の一の程度の知名度しかありません。誰もが堤さんの手柄だと思っていた。それでも堤さんとしては、増田さんの手柄だと分かっているから、パルコがうまくいったことに多少は嫉妬したのでしょうね。

 それは僕にも言っていました。「あんなにうまくいくとは思わなかった」と(笑)。

堤さんの学友でもあった増田さんの、パルコでの影響力は大きかったようですね。

三浦:それはもうワンマンでした。雰囲気とか空気なんかではなく仕組みがワンマンです。

 パルコでは、新入社員が直接、増田さんに決裁に行っていました。もちろんその前には、上司にも説明をしているのだけれど、稟議書を上司から段々と上げていったりはしないんです。増田さんが、企画書に赤鉛筆でサインすればOK。だから、当時のパルコの若い社員は、堤さんの影響はまるで感じてなかったと思います。

 堤さんは、本当は「アクロス」のようなものもやりたかったようです。増田さんは営業報告書を「こんなのはつまらない。もうちょっと社会学、心理学っぽいのをやろう」と言って、1977年に「アクロス」は始まりました。

 最初は社会学者などにも書いてもらっていたけれど、あまり面白くないから新入社員に書かせようという話になって、僕が入社した前の年から、40人の新入社員のうち、4人が「アクロス」に配属されていました。

 そもそも200人ちょっとしかいない社員のうち、12人が「アクロス」をやっていたんです。おかしいですよね(笑)。そこまで思い切ったことは、堤さんはできなかった。当時のパルコほど儲かる会社でないと、そこまでできません。

 増田さんに比べれば堤さんは常識人だったし、一流が好きでした。サブカルであっても、一流が好きだったんです。だから新入社員にドンドン原稿を書かせるマーケティング雑誌はつくれなかったろうな。

 対して増田さんは、学校のちょっと面白い美術の先生みたいな存在でした。

 自由が大好き。規則にうるさい数学の先生ではない。だから「あいつ、面白いな」と思うとどんどんと取り立てる。草の根から若い才能を見つけるのが大好きだったんです。パルコの「日本グラフィック展」大賞を与えたのは、学生時代の日比野克彦さん(東京藝術大学教授)ですからね。