確かに40代は、「上」と「下」から“板ばさみ”になりがちですね。組織も「いい組織」ばかりではないので、「会社のために」などと言われて、理不尽な決定に対して逆らえないことも……。

山本:40代は最も組織に取り込まれてしまう、つまり「組織の言いなり」になり始めやすい時期なので注意が必要です。時には「おかしい」と思うような仕事を、自分の信念を曲げてまでやらざるを得ないこともあるでしょう。

 できるだけそうならないためにも、40代は組織や人を「よく観察する」ことが大事です。「会社はどこを目指しているのか」「会社の意思決定のプロセスはどうなっているのか」「上の人たちの関係がどう仕事に影響を与えているのか」「自分のチームが置かれている立場やメンバーが考えていることは」など、これまで以上に、周りをよく観察し、分析する必要があります。

 この「観察」を40代でしっかりやってきた人は、50代になって自分を「再構築」(詳しくは、『「こじらせ50代」ができていないこと』を参照)するときに、間違った選択をしにくくなると思います。

 このほか、40代は「枯れ始めてしまう時期」でもあるので気をつけたいですね。

 ここで言う“枯れる”というのは、仕事に対して“やる気”を見せない状態のこと。どこの職場にも、「頼まれたことを、そこそこのレベルでこなしていればいい」と考えている“枯れた人”がいるのではないでしょうか。

40代では出世争いの“先”が見え始めてきます。自分が出世ルートに乗っていないと判断すると、枯れ始めてしまうのでしょうか。

山本:それもありますが、『50歳の衝撃 はたらく僕らの生き方が問われるとき』でも書いたように、タモリさんのような生き方に憧れ、勘違いし、自ら早々に枯れてしまう人もいます。「仕事も人生もマイペースがいい」と考え、仕事を自分でセーブしてしまう人です。こういう人は「もっとできるのに、何でやらないんだろう」と周りを“歯がゆい”気持ちにさせることが多いんです。

マイペースな生き方をしている憧れの人・タモリさんに魅了されて「そこそこ」の働き方を選択したGさん(50歳前後、男性)ですね。Gさんはそれで仕事も生活も楽しんでいましたが、役員から「そうそう気分よく、枯れた気になられても困るんだよ!」と怒られるという……。

山本:40歳も半ばを過ぎて50歳近くになると、もう社内のポストは限られてきます。給与も頭打ちになるので、「そこそこ働いてしのいでいく」という考えになってもおかしくないと思います。

 ただ、タモリさんのような「余裕のある生き方」に憧れるのは分かりますが、タモリさんのような生き方は「相当に頑張ったからこそのご褒美」であることを理解しておく必要があるでしょう。