井口:デニスさんは、家族を不幸にしても気にするなとも書いています。本当に金持ちになりたかったら、生半可な決意ではなれない。すべてそこに目標を置いて動くと、いろいろなことが起きてくるわけです。だから、決意がないと大富豪と言われるところまでは行けないよということだと思います。

ただそれぐらいの決意があれば、家族をいっときは不幸にしても、最終的にはお金持ちになって幸せにできるというのがあるのでしょうね。

井口:でもお金があっても必ずしも幸せにはならないとも彼は言っています。

大城:幸せとお金は別物ですから。

目的さえ明確なら手段はいろいろ

先ほど目的があれば手段はどんな手段でも構わないと言われてました。

<b>大城太</b><br />1975年2月8日生まれ。大学卒業後、外資系金融機関、医療機器メーカーで営業スキルを磨き、起業を志す。起業にあたり、華僑社会では知らない者はいないと言われる大物華僑に師事。厳しい修行を積みながら、日本人唯一の弟子として「門外不出」の成功術を伝授される。独立後、医療機器販売会社を設立。アルバイトと 2人で初年度年商 1億円を達成。現在は医療機器メーカーをはじめアジアでビジネスを展開する6社の代表および医療法人理事を務める傍ら、ビジネス投資、不動産投資なども手掛ける。2016年 3月より日経ビジネスオンラインにて『<a href="/atcl/opinion/16/022500005/">華僑直伝ずるゆる処世術</a>』を連載。
大城太
1975年2月8日生まれ。大学卒業後、外資系金融機関、医療機器メーカーで営業スキルを磨き、起業を志す。起業にあたり、華僑社会では知らない者はいないと言われる大物華僑に師事。厳しい修行を積みながら、日本人唯一の弟子として「門外不出」の成功術を伝授される。独立後、医療機器販売会社を設立。アルバイトと 2人で初年度年商 1億円を達成。現在は医療機器メーカーをはじめアジアでビジネスを展開する6社の代表および医療法人理事を務める傍ら、ビジネス投資、不動産投資なども手掛ける。2016年 3月より日経ビジネスオンラインにて『華僑直伝ずるゆる処世術』を連載。

井口:「手段は選ばない」というと、一般的に言うとすごく悪い手段まで使うみたいなイメージがありますが、そういう話でもないんですよね。言いたいのは手段がこれでなければならないというわけではなくて、そこにはいろいろな可能性があるよということです。

 例えば起業するには最初のスタートにお金が必要になりますから、まずは元手がないと始められない。この元手をどうやって得るかというのが1つ大きな問題になる。

 ここでいくつかの選択肢が挙がります。お金持ちと結婚して遺産をもらうとか、宝くじやギャンブルで儲けるとか、またお金を盗むという選択肢も挙げています。ただしこれは効率が悪いからお勧めしないよと。リスクを勘案したら、仮に成功しても捕まったら終わりだし、捕まらなくてもずっとびくびくしながら生活しなくてはならない、だからやめておいが方がいい。手段は選ばないといっているので、検討の俎上にはそういう違法行為まで上げていますが、違法行為はやると最終的に効率が悪過ぎる。

 書籍の中では、例えばベンチャーキャピタルから借りるとか、友人から借りるとか、いろいろな手段の中でも実際的にはこの手段だということに決めて、さらに詳しく検討するというような感じで、展開しています。

 彼自身はたくさんの会社を興しています。その中には失敗したのもある。元手を集めるのにもいろいろなことをしていて、知り合いからかき集めたこともあれば、ベンチャーキャピタルと付き合ったこともあります。それぞれのいいところ、悪いところが必ずあるわけで、そのいろいろな方法の功罪比較をしてくれています。

当然、いろいろ手段を試すためには、事前に詳細に検討もすると思います。

井口:もちろん、検討もしていますが、彼の場合は実際両方ともやっていたりするわけです

華僑にも、とにかくやってみろという教えがあります。

次ページ 大富豪になりたければ人の目は気にしない