Y:大ヒットおめでとうございます。

山内章弘・「シン・ゴジラ」エグゼクティブ・プロデューサー(以下山内):ありがとうございます。好評を受け、この9月2日からはゴジラの聖地、日劇(旧日本劇場、現TOHOシネマズ 日劇)でも上映を始めています。(9月)16日までです。

山内章弘(やまうち あきひろ)
1969年生まれ。東京都出身。東宝株式会社 映像本部映画企画部部長。テレビドラマの企画プロデュースを長年手掛け、現在は自社製作映画の企画・製作を担当している。 主なプロデュース作としてドラマでは「トリック」シリーズ、「マイ☆ボス マイ☆ヒーロー」等、映画では「トリック」シリーズ、「電車男」、「チームバチスタの栄光」シリーズ、「神様のカルテ」シリーズ、「進撃の巨人」、「バクマン。」、「orange」、「アイアムアヒーロー」など。最新作は「青空エール」、「何者」、「怒り」、「SCOOP!」など。

Y: 1954年に第1作のゴジラが襲った劇場で見られるわけですね。

山内:はい、946席、日本最大級のスクリーンで見ていただけます。

Y:7月29日から公開が始まって、まるひと月経ってさらに公開館が追加されるのはすごいですよね。現在までの最新の数字をいただけますか。

山内:9月6日時点で入場人員は420万人を突破、平成に入ってからのゴジラシリーズでは最高の観客動員数を達成しました。映画館の売り上げである興行収入61億円(7月29日から40日間)、現時点では今年公開の邦画実写映画の興行収入成績1位です。

Y:この数字は、どういうふうに捉えればいいんでしょうか。

山内:2年前に公開された、ハリウッド製作の「GODZILLA ゴジラ」(ギャレス・エドワーズ監督、配給はワーナー・ブラザース、2014年7月25日公開)の日本の興行収入が32億円でした。こちらをご覧いただいた方々には、元々ゴジラを大好きな人がほぼ全員入っている…と思うんですね。「シン・ゴジラ」は、その数字のほぼ倍近いヒットになっています。やはり、元々ゴジラを好きな方の外にも、確実に見ていただいている層が広がっているのだなと思います。

シン・ゴジラのどこが異例か

Y:私、無駄話が大好きなんですが、今回はお時間がないということで、単直にうかがいます。

山内:どうぞ。

Y:山内さんのお仕事は「エグゼクティブ・プロデューサー」。これは、何人も居るプロデューサー(シン・ゴジラでは3人)の総元締めと言いますか、統括するお立場ですね。つまり、会社側の総代表として、監督を頂点とするクリエイター側といわば対峙する。

山内:作品を一緒に作っている訳ですから「対峙」というのは違うと思いますが、会社的な立場で言えばそういうことなりますかね。作品の収益上の責任を持つ立場。

Y:そろばんを持つ“会社員の側”として、シン・ゴジラの「異例」さがどうして成り立ったのかを、聞かせていただけないでしょうか。

山内:よく話題に出る、自社製作と製作委員会方式の比較のお話ですか?

Y:いえ、ちょっと違います。「多種多様のステークホルダーがいる製作委員会方式ではなく、東宝が意思決定出来る自社製作だったことが、庵野秀明監督の個性を存分に発揮させた」という記事は私も読みました。とはいえ、製作委員会方式ならダメだったかというともちろんそうとは限らない。各社がそれぞれの持ち味を発揮すれば、一社ではできない企画が可能になるし、リスク分散が出来る分予算もかけやすいし。

山内:ええ。「製作委員会方式だから悪い、単独製作だからいい」という単純な話ではありません。

Y:そもそも「ゴジラ」シリーズは、ずっと東宝が単独製作で作ってきたわけですし、それ自体は特異な話じゃないんですよね。お聞きしたいのは、今回の映画でヒット作の定式を取らなかった決断と、それを会社に認めさせた、プロデューサーの方のお話なんです。