[画像のクリックで拡大表示]

:「築地市場で行われていること全体の見取り図を、カバーでやってしまおう! カメラを市場の中を横に移動させた動画みたいに、時系列を含めて見せたら面白いよね」と、デザイナーの大岡寛典さんと相談して決めました。こんな風に一望できる場所はないので、お絵描きならではとは思います。

―― よく見るとこの絵、消失点がない。前景と後景が同じ大きさで描いてあります。

最初の下絵は、市場を圧縮して横から見た感じ。しかし「描きたいことを詰め込みにくい」と、やり直し。
最初の下絵は、市場を圧縮して横から見た感じ。しかし「描きたいことを詰め込みにくい」と、やり直し。
[画像のクリックで拡大表示]

:「アイデアはなるほど面白い、でも、どう描いたらいいんだろう」と悩んだ結果こうなりました。パースを付けると、遠景が小さくなって語れることがすごく少なくなってしまうので、消失点を無視して中世の絵、絵巻物みたいになっています。この形にたどり着くまでなかなか難儀しました。どうやったら全部見せられるだろうか、と。たくさんの取材写真から要素をつまみだし、描く場所を考えながら調整していきました。

読んでも読んでも終わらない

:結果として出来上がったのは、「どこまでいっても、ちまちまちまちま、いろいろなモノが出てくる本」が好きな子供と大人は喜んでくれるだろう…という本かもしれません。

―― 表紙を見ても、相撲の番付が貼ってあって、電気釜があったり、あ、ファクスがきてる…。しかも、無限に続く発泡スチロールの箱の列といい、モブシーンといい、これ、一切コピペ不可の手描きですものねえ。

:イラストルポの仕事をしてきて、こういう題材にたどり着いたって感慨はあります。あとで現場の方に、「ああ、あの市場をよろよろ歩いていた迷惑な人もプロだったんだな」と、本を見て思わせる仕事がしたい、と思いました。

 もうひとつ、デザイナーの大岡寛典さんと組めたことも大きかった。信頼できる方といっしょだと、絵を描くほうに安心して全力投球できますね。たとえば表紙。お客さんの目を引きつけるところですから、どうしても、明るく、かわいく、キャッチーに、と考えちゃうけれど「大岡さんなら、なんとかしてくれるよね」と、本当の築地市場の“暗さ”を描かせてもらいました。

―― そういえば暗い…ったって夜ですからね。

:それでも、「青っぽくして格好良くしようか、ファンタジックな方向に逃げようか」と、普通は考えるものなんです。

―― 言われてみれば、この…紫のロゴの色と白地の文字が表紙をビシっと引き締めて、暗いというよりクールな印象になってますね。

:この色も多分「江戸紫」とかですよ。帯も、線画を先にスキャンして、うっすら紫色の中に入っていたり、裏表紙や見返しにクイズを用意したり、「ここまでやるか」というくらい凝ってくださってます。

―― 最後にお聞きしたいんですが、一番描きにくかったのは何ですか?

:描きにくかったもの。実にいろいろな物を描かなきゃいけなくて…もうちょい片づけておいてくれればいいのに(笑)。強いて言えば空っぽの新聞のスタンドですかね。

―― 新聞スタンド? 「市場は開いているけれど、新聞がまだ来ていない」という面白いカットでしたけど…。

:魚市場の絵本なのに、なぜ新聞スタンドにこんなに時間をかけなくちゃならんのだ、と思うくらい形が複雑で。そのまま描いたら何だか分かんないモノになってしまい、実は涙を呑んで一列だけ省略させてもらいました。(どんなスタンドかは、本で見てのお楽しみに)

購入されたら、ぜひお日様の下で開いてみてください。色合いがふわっとふくらんで「こんなにカラフルだったのか」と驚くはず(Y)
購入されたら、ぜひお日様の下で開いてみてください。色合いがふわっとふくらんで「こんなにカラフルだったのか」と驚くはず(Y)
[画像のクリックで拡大表示]
まずは会員登録(無料)

有料会員限定記事を月3本まで閲覧できるなど、
有料会員の一部サービスを利用できます。

※こちらのページで日経ビジネス電子版の「有料会員」と「登録会員(無料)」の違いも紹介しています。

※有料登録手続きをしない限り、無料で一部サービスを利用し続けられます。