川島:増田さんは?

増田:考えてみたのだけれど、大きな意味では何もないのです。細かいことで言えば、「地方のお店はあのままでいいのですか」とか「やっぱり組織が大きいから、階層が多くて大変だな」という課題はあるのだけれど。

大西:組織として大きな問題があると、言いきって欲しいところです(笑)。

「やっている感満載の社員」も出てくる危険性

川島:お二人とも、次から次へと「やりたいこと、やらねばならないこと」が出てくるのだと思います。その意味では、良くも悪くも欲が強い!(笑) お二人の「欲のゴール」はどこにあるのでしょうか?

増田:僕は、ライフスタイルを提案することを究めたい。大企業でライフスタイルを究めるのは、実は物凄く難しいこと。だからこそやってみたいと考えています。スティーブ・ジョブズが亡くなる前に「自分は、ビジネスを極め、富で言うと世界最高の時価総額の会社を作った。だけど幸せじゃない」と言っていたのです。

 何が幸せじゃなかったかというと、家族の問題をはじめ、趣味・友達・人間関係とか、そのすべてが大事であり、そこまで含めた幸せを築けなかったということだそう。だから、僕はそこを極めてから死にたい(笑)。一番、大切にしているのは、カンパニー、つまり、会社の仲間と一緒にライフスタイルを提案することなのです。

大西:私にとって、欲のゴールはないと思っています。強いて言うならば、現在、当社について皆さんが抱いているイメージ、たとえば、「ファッションの伊勢丹」「歴史ある伝統の三越」といった評価が変わっていくことでしょうか。

川島:それは過激ですね。

増田:でも、大西さんのおっしゃる危機感というのもわかる気がします。あれほど新宿で成功してしまうと「やっている感満載の社員」も出てくるでしょうから(笑)。お客さんや外部からの評価も高いし、売り上げは取れるし。「これで何が悪いのか」「どうして変わらなければならないのか」と思ってしまうわけです。善し悪しの問題ではなくて、そうなりやすい環境ということですが。

川島:では大西さん、どう変わっていくということなのでしょうか。

大西:百貨店というと、「マスのボリュームで」とか「たくさんのお客様が入ること」と評価されがちですが、百貨店という枠組みを越えていっても、まったく構わない。スペシャルなものがあって、スペシャルな人に来ていただき、「この店は魅力的」とか「この企業は新しいことに挑戦している」という評価をもらうこと、これが自分にとってのゴールです。

川島:是非、実現していただきたいと思います。やっぱり時間が足りないくらい、お話が盛りだくさんでした。さてここで、少し会場の方から質問を受けてみたいと思います。