ロビーイング活動を支援していきたい

女性や子どもに関する分野への支援が多いということですが、寄付金の使い道や、活動内容については重視するポイントはありますか?

村上さん:私たちが支援する際に重視するのは、まず、考え方や信念に共通するものがあること。またロビーイング活動など、きちんと声を上げて世の中にインパクトを与えていく活動を行っているかどうかも判断材料になります。すべての寄付も支援も、「知る」ことから始まります。声を上げて世の中の一人でも多くの人に問題を知ってもらうことが、非常に重要だと考えています。

支援がどんなインパクトを与えたか、結果もチェックするのですか?

村上さん:これまでの日本での寄付の形は、お金を渡したら終わりで、そのお金の使われ方や効果について検証するということがあまり行われてこなかったと思っています。けれど、それでは支援者と団体の関係が希薄で、継続した支援などに至らず、非営利セクターが発展していかないと思うのです。

 企業の場合、ROE(株主資本利益率)のような指標があり、明確に事業の成果を数値で示すことができます。一方で非営利組織の場合、成果を数値で表すことが難しいこともあり、寄付者も成果報告などを求めてこなかった。しかし、今後は団体が、寄付に対する成果に責任を持ち、寄付者には資金がどのように使われてどのような効果があったのかをきちんと報告する、そういう意識を持つように変わっていくべきではないかと思っています。

 ソーシャル・インパクト・ボンドに注目するのもそうした理由です。事業を遂行して成果を上げることで資金が支払われる、という前提ならば、引き受けた団体は結果に責任を負うことになります。

物言う株主、ならぬ、物言う支援者ということでしょうか?

村上さん:非営利組織が手掛ける事業は、人の命や人権など、行政の手がなかなか届かない分野が多い。成果についても数値化しにくい分野だと思いますが、それでも寄付を使ってどれだけの人を救えたか、寄付をした人が「自分の支援が何につながったのか」というイメージを持てるような、活動の結果や成果、経過を支援者に伝えることは重要だと考えます。

 ふるさと納税のように、一般の人が税金の使い道を選んで寄付をする場合も、その結果が問われるのではないでしょうか。

非営利団体としても、寄付の結果に責任を持つことで、経営感覚というか運営感覚を磨くことにつながりそうです。

村上さん:私は非営利団体の活動内容については、その団体の方ほど詳しくないですし、実際に活動をすることはできないのですが、団体の活動が大きくなっていくために、資金的な面でのアドバイスなどでも貢献ができるのではないかと思っています。

父、村上世彰氏の影響と裁判

株式投資でも、非営利団体の支援でもお父様の影響が大きいようですね。

村上さん:仲良しですね。父の本にも書いてありますが、父は、家族で外食に行くと子どもたちに今日の食事代がいくらか答えさせて、当てた人にお小遣いをくれるんです。それも毎回、毎回なんです。対価として高いか、安いか、「モノの値段」について考えさせたかったのかなと思います。おかげで数字に強くなりました。

そんなお父様が村上ファンドの一件で、大きな注目を浴びた時はどんなお気持ちでしたか?

村上さん:ちょうど父が話題になったころ、私は高校生でスイスに留学をしていました。留学先の高校は、テレビも新聞も禁止だったので、そんなに大騒ぎになっているとは知らずにいました。帰国するときに飛行機の中でニュースを見たら父が出ていてびっくりしたくらいです。私は5月に帰国し、その直後の6月に父が逮捕されました。

日本で一番、村上ファンドの事件を知らない人だったかもしれませんね。

村上さん:そうかもしれません(笑)。でも、裁判はすべて傍聴しました。

来てほしいと言われたのですか?

村上さん:いえ。大学に入る前で時間がありましたし、行くのは当然だと思っていました。

大学卒業後、モルガン・スタンレー証券に入社したのはなぜですか? 証券業界を選んだのは、お父様の影響でしょうか?

村上さん:父の地裁判決が出たのが私が大学1年の時で、高裁判決が3年、最高裁判決が大学4年のときでした。父を悪く言う人も多い中、証券会社には、父の主張は正しいという人も多かったのです。そこで自分の目で金融という世界を見て、何が真実なのか知りたい、と思い証券業界に就職をしました。

退社後に投資活動を始めて黒田電気などへの投資が話題になりました。2015年には強制調査が入りましたね。

村上さん:産休中で仕事をしていなかった時期であったため、まさか私が嫌疑対象者になるとは思いませんでした。結局2018年5月に告発見送りが決定したのですが、黒田電気の案件などで、目立ってしまったことが原因だったのかなと思います。

(編集部註:強制調査の直後に絢さんは妊娠七カ月でお子さんを死産。そのショックもあり、生活の場をシンガポールに移した)