ヤクルトは優勝しても4位

巨人(今回9位)が既にそれに近い状態ではないでしょうか。

鈴木:ジャイアンツファンは、チームが日本一にならないと満足してくれないという特徴がはっきりしています。リーグ優勝ではダメなんです。巨人もファンサービスに力を入れており、とても充実しています。おそらく客観的に評価したら、トップレベルでしょう。それでも、やはり圧倒的に強くないと満足度が高まらないんですね。最近では、生え抜きの新しいスターがいないのも影響しているのではないでしょうか。ちなみに、1月時点の調査ですので賭博問題の影響は出てきていません。

東京ヤクルトスワローズは昨年、14年ぶりのリーグ優勝を決めました。

鈴木:ヤクルトは前年は8位だったので、結果的に大きく順位を上げ、セ・リーグの中では最も上になりました。ソフトバンクの柳田と同じく「トリプルスリー」を達成した山田のようなスター選手も出てきました。

 しかし、それでもパ・リーグの2015年シーズンで2位、3位だったチームよりも下位です。以前から、本拠地が神宮球場であることが、ファンサービスの大きな制約となっていることが調査にも出ていました。久しぶりの優勝ですから、もっと満足度が高まってもいいのではないかとも思いますが、限界があったことが分かります。

成績だけでは高い満足度を得ることは難しいということでしょうか。日頃のファンサービスと成績とのバランスが重要だと。

鈴木:これまでの調査でも、どれだけ優れたファンサービスを実施していても、少なくともCS(クライマックスシリーズ)争いに絡むぐらいの成績を残さなければファンの満足度は上がってこないという傾向が出ています。反対に、ある程度勝てるようになると、単純なファンサービスでも評価が高くなるんですね。

次ページ 広島は前年1位から急落