全3641文字

友達を作る以外に、脳の感情系を刺激する方法はありませんか。例えばペットを飼うとか、2ちゃんでどこかの誰かと文字で話すとか、ゲームをするとかテレビを見るとか。読書は?

加藤:何もやらないよりはましでしょうが、生身の人間と話すのと比べると刺激が足りません。何を言い出すか予測のつかない相手との対話こそが脳にとっては、良い刺激となるんです。

うーん…。あっ、じゃあAIやロボットは!

加藤:その点については可能性があります

よし。

ご安心。「友達ゼロ」でも何とかなる!

加藤:実は、先日発表になったのですが、ソフトバンクの感情認識ヒューマノイドロボット「ペッパー」を活用した脳トレアプリ「Pepperブレイン」を監修させていただきました。ペッパー君と一緒に、脳トレを楽しんだり、脳機能の向上を目指したりするものです。実際にやってみるとよく分かるのですが、「パソコンの中のAIとの対話」とは全然違います。相手が三次元で、しかも人間のように身振り手振りを交えて反応してくれると、たとえ相手がAIでも脳の感情系はそれなりに刺激されると実感しました。技術が進化すれば、人間同様に、対話することで脳に刺激を与えるAIシステムやロボットも誕生するかもしれませんね。

そうなれば「友達ゼロ」でも、認知症になる確率は確実に下がりますね。