医療の発達などで人の寿命が延び続けている。今も世界全体では、毎年3カ月ずつ人の寿命が延びているという。定年退職後、あるいはそれより早いシニア以降に老後の仕事について考えることが、だんだん珍しくなくなってきている。

 ビジネススクールで退職後のキャリアや働き方について講座を開き、高齢化の未来に関心を持つスペインIEビジネススクールのサンチアゴ・イニゲス学長に話を聞いた。

(聞き手は広野彩子)

スペインIEビジネススクールでは、MBA(経営学修士)課程でシニア向けの講座を開いているそうですね。

サンチアゴ・イニゲス・スペインIEビジネススクール学長(以下イニゲス):実は私はSNS(交流サイト)の1つ、リンクトインでコラムを書いていて、世界500人のインフルエンサーの1人に選ばれています。「マネージング・ユア・キャリア」というテーマでもコラムを書いていますが、反響をいただいています。仰る通り、我々の未来は、これまでとは違った方向へと向かっています。自分のキャリアを自ら方向づけていくのは大変重要なことです。

人間は150年生きる!?

 医療技術の進歩もあり平均寿命がどんどん延びていて、50年後には平均寿命が100年になるとさえ言われています。毎年、世界的に3カ月平均寿命が延びていますし、あと10~15年もすればがんの治療薬が完成すると言われています。ひょっとしたら人間は、120~150歳まで生きるかもしれません。その人生をどう生き抜くのかは課題の1つです。

サンチアゴ・イニゲス(Santiago Iniguez)
スペインIEビジネススクール学長。英オックスフォード大学などで学んだ後、IEビジネススクールでMBA(経営学修士)と法学博士号を取得。中国やペルー、フランス、ロシア、ブラジルのビジネススクールなどで理事を務める。英フィナンシャル・タイムズ紙に「欧州のビジネススクールを国際的に知らしめるうえでもっとも重要な人物」と評された。専門は戦略マネジメント。(写真=陶山勉、以下同)

 そうなれば、定年も見直さなければいけません。定年後の生活を支える年金制度は、19世紀終わりに欧州で始まり、世界中で模倣されてきた制度です。当時は戦争が多かったので、年金生活者といえば退役軍人が中心でしたし、そもそも年金制度はそのために作られました。平均寿命も50歳前後と短かった。しかし、今は、(先進国は)世界的に70~80歳まで生きるようになっている。我々は、人生後半の生き方を再構築しなければいけない試練にさらされています。

150年生きるようでは、いくら備えても追いつきません。

イニゲス:100年生きるのが普通なら、2つ目のキャリアがどうしても必要ですね。定年は、欧州各国で近年65~67歳に引き延ばされてきましたが、それでもあと40年近くは生活していかなければいけない。