「スケール」できるかどうかが採用基準

Yコンビネーターをインターネットで検索すると、スタートアップ育成、ベンチャー投資、各種の調査など、非常に多様な活動を展開している。Yコンビネーターの本質は何だと考えるか?

ユニス:Yコンビネーター(以下YC)の本質はスタートアップ・スクールだ。インキュベーターとも呼ばれる。ほかの活動はすべてそこから派生したものだ。われわれは有望なアイデアを持った起業家を探す。書類選考と面接に合格したチームはシリコンバレーに移住し、3カ月間集中的に起業にあたる。起業家は毎週1回、YCのクラスに参加して進捗状況を発表し、われわれの指導を受けることができる。YCはそれぞれのスタートアップに12万ドル(約1350万円)を出資する代わりに持ち分の7%の株式を得る仕組みだ。

いわゆる「シード投資」(創業初期の企業に必要な資金を提供する)にあたるのだろうか?

ユニス:クラスに参加を認められたチームに対する投資については、まさにシード投資だ。しかしクラスから有力な企業が次々に誕生したため、そういう企業には随時大型の追加投資も行う。

 例えば、X社の7%が12万ドルなら、その会社を170万ドル(約1億9220万円)の価値と評価したことになる。仮にX社が成功して時価総額が20倍の3400万ドル(38億4400万円)になれば、YCの持ち分の価値も20倍になる。しかしX社が倒産すれば株式は紙くずとなり、投資は全面的な損失となる。ベンチャー投資がハイリスク、ハイリターンだと言われるのはこのような点にあるようだ。

YCが求めているのはどんなチームか?

ユニス:スタートアップというのは、単なる立ち上げ段階の若い会社ではない。スケール(規模を拡大)する可能性があるかどうかが重要だ。スケールするというのはたとえばこうだ。ソフトウェアは追加費用ゼロで無限にコピー(複製)できる。ユーザーが本当に必要としているプロダクトの開発に成功すれば、指数関数的に成長できる。一方、法律事務所やコンサルティング会社は社員個人の能力に依存するため、どれだけ収益性が高くてもスタートアップではない。