小田嶋:たとえば陸上の為末大さんとかは、物の言い方とか考え方とかが、すごくクレバーな人でしょう。日本の典型的なスポーツマンというよりは、ビジネスマンっぽいですよね。

:MBAの学校の人みたい。

小田嶋:あと、陸上では朝原宜治さん(2008年北京オリンピック・陸上男子4x100mリレーの銀メダリスト)や、青山学院大学の駅伝チームの原晋監督もそうだよ。陸上は、自分で自分を追い込むマインドセッティングができないとだめで、要するに賢くないと上には行けない部分があると思う。

ちなみに、その反対にはどんな人がいますか。

小田嶋:野球には●本さんみたいな方がいるでしょう。

:大きな声ではいえないけれど(笑)。

小田嶋:野球の人って、おおかたそうじゃん、と思いますね。

:中●さんとか(笑)。

小田嶋:古典的なところでいうと、長嶋茂雄が大学時代に、監督から受けた「月夜の千本ノック」とかね。「月の光だけで打て」というのは、ミスターがらみの話だから面白いけれど、大リーガーにそんなことを話しても、「What?」ですよ。

:日本の野球選手だと、監督になぐられた思い出とか、みんな喜んでしちゃうよね。

小田嶋:やっぱり団体競技ということもあり、野球は若干そういう部分がないと、おそらくチームスポーツとしてやっていけないんでしょう。

官僚の残業には“寛容”な国民

そもそもの話題である、電通および日本の会社の過重労働の問題に戻りますと、厚労省が問題視した電通の残業量は、当の厚労省自身には向けられないんですか。

小田嶋:よそを摘発していながら、役所も相当ひどいよね。

:全然ひどいよ。

小田嶋:深夜の霞が関は、どのビルも灯りがこうこうと灯っている。

残業の本丸ですよね。

:ただ確か、官僚、国家公務員というものは、利益のために働いてはいない、ということで、労働基準監督法の対象にならないんじゃないのかな?(※注:例外はありますが、基本的に国家公務員法が労働基準法に優先します)

小田嶋:法律的な何かがあるのかもしれない。けれども、官僚が残業することについて、国民自体がまず、そんなに非難しないでしょう。

:そこでは世論が形成されない。

小田嶋:官僚と学校の先生に対して、世の中はわりと冷たいんですよ。むしろ、早く帰ると世間から怒られる、ぐらいなもんで。地方の市役所あたりでは、「あいつらは5時になると、クモの子を散らすように退庁して、役所前の飲み屋は6時前に満員になる」なーんて陰口がよくいわれていたよね。

:汗水たらして残業している民間の人間から言わせてもらえば、「ふざけるな」だと。

小田嶋:ともかく、だから、中央のキャリア官僚に関していえば、そんな早く帰ってはいけないんだよ。実際、早く帰っている人はあまりいないと思うけど。

:いない。それで、離婚率が非常に高い…と聞いている。

そこは民間の広告代理店と似ています。

:でも、どんなに労働環境が劣悪だとしても、キャリア官僚の人たちには、「俺たちが日本を支えているんだ」という、不思議な自意識というものがあるでしょう。

小田嶋:俺が20代のころに行っていた四谷のスナックは、通産省(当時)の人がすごく来ていたんだけど、来る時刻はそれこそ夜の11時ぐらいで、すごい勢いで飲んで帰っていくんだよ。

:役所に?

次ページ はしごを外された人々の逆襲か