大変ご無沙汰をいたしました。前回の掲載から1年と半年。「諸問題」チームもみんな、それぞれに年を重ね、時の流れに身を任せているうちに、トランプ、北朝鮮情勢、過労死、と、ますます怖い世の中になり、その中で、岡さん、オダジマさんも還暦越えを果たしました。

 ということで、もういい大人なんだから、ゆるゆる、だらだらやっている場合じゃない。今度こそ、「非常に参考になった」と、読者のみなさまにいってもらえるために、ちゃんと論考するぞ。(聞き手:清野 由美)

写真左:小田嶋 隆(おだじま・たかし)1956年生まれ。東京・赤羽出身。早稲田大学卒業後、食品メーカーに入社。1年ほどで退社後、小学校事務員見習い、ラジオ局ADなどを経てテクニカルライターとなり、現在はひきこもり系コラムニストとして活躍中。日経ビジネスオンラインで「ア・ピース・オブ・警句」、日経ビジネスで「パイ・イン・ザ・スカイ」を連載中

写真右:岡 康道(おか・やすみち)1956年生まれ。佐賀県嬉野市出身。80年早稲田大学法学部卒。同年、電通に営業として入社。85年にクリエーティブ局へ異動。99年7月クリエーティブエージェンシー「TUGBOAT」を設立。2004年 NYADC審査委員を務める。東京コピーライターズクラブ会員。NY ADC会員。LONDON D&AD会員。主なCM作品として、NTTドコモ、NTT東日本、サッポロビール、大和ハウス、キヤノン、富士ゼロックス、富士フイルムなど数々の企業ブランドキャンペーンを手掛ける。

小田嶋さん、膝の大ケガから完全復帰、おめでとうございます。

小田嶋:はい。膝に埋まっていた金属のプレートをボルトとともに抜きました。といっても、もう去年の秋の話なんですけどね。

※「小田嶋隆、雨の日の皇居近辺で自転車ごと転んで大ケガをする」の回はこちら

再入院は大変でしたか?

小田嶋:2週間ぐらい入院していましたけど、すっかりよくなりました。

:おいおい、もう再入院から、かれこれ9カ月くらい経過しているんだよ。

最初の入院のとき、みんなでお見舞いというか、押しかけに行ったことがいい思い出ですね。

:病院が小田嶋先生のために"財前部屋"を用意してくれていたね(こちら)。

岡さんは2回目のときも行ってあげましたか。

小田嶋:こいつは来てないですよ。

:小田嶋が膝のプレートをいつ抜いたかすら、僕は知りませんでしたね。でも、小田嶋とは前後にマージャンをやっているんですよ。ケガをしていたときの小田嶋は、異常にマージャンが強くて、どうやっても勝てない状態だった。

雀士オダジマ、誕生と消失

小田嶋:「集中力が集中した状態」で、あの前後は1年ぐらい、ものすごく強かった。

:本当に手が付けられず、普通は勝ち上がることが極めて難しい内輪の大会でも、優勝まで行ってしまった、なんと。ただ、その後は、健康になるにしたがって、ジャン力が弱まっていったけどね。あれ、糖尿病の数値と反比例するかのようだったね。

小田嶋:で、今は、すっかり元通りです。

:今は再び、非常に弱ちんになっている。だからまあ、「行って、帰ってきた」というところですかね。

何かを失うと強くなる、なんて、まるでアニメのキャラみたいな小田嶋さん。

小田嶋:『鋼の錬金術師』ですか……。それにしても、確かにマージャンって、何かハンディを持った人が強いんです。

:ハンディといえば、僕は今、毎月、指に注射を打っていてね。かつてシニアアメフトをがんばったせいか、いろいろな指の第2関節が曲がらなくなってきたんですよ。で、医者に行ったら、「これはピアニストに多い病気です」ということで。

小田嶋:お前、ピアノ弾いていたのか?

:弾きません。持ち上げたことはあったけれど。

小田嶋:そうそう、昔、俺の実家のピアノを、お前が運んでくれたことがあったね。