1. TOP
  2. シリコンバレー支局
グローバルダイジェスト
シリコンバレー支局
?
  • 米マイクロソフト、米GMの自動運転スタートアップにクラウド提供で支援

    米マイクロソフト(MS)は米ゼネラル・モーターズ(GM)傘下の自動運転スタートアップ企業、米クルーズにクラウドサービスを提供する。米ウォール・ストリート・ジャーナルが1月19日に報じた。MSはクルーズに既に資金を投資しており、クラウドサービスの提供で自動運転のサービスの商業化を支援するという。

    2021.01.20 12:16
  • 米ユーチューブ、トランプ米大統領のチャンネル停止を1週間延長

    米ユーチューブはトランプ米大統領のチャンネルの停止措置を1週間延長する。米CNBCが1月19日に報じた。同日に7日間の停止が解除される予定だった。トランプ大統領のアカウントはアクセス可能だが、新たなコンテンツのアップロードが禁止されているという。

    2021.01.20 12:14
  • トランプ氏支持者愛用のSNS「Parler」、1月末にも再開か

    トランプ米大統領支持者が多く利用していたSNSの「Parler」がサービスの再開に向けて動き始めた。FOXニュースなど米メディアが1月17日から18日にかけて報じた。Parlerは暴力を扇動するようなコンテンツを放置していたとして、クラウドサービスを提供していた米アマゾン・ウェブ・サービス(AWS)が11日になってサービスを停止。サービスが利用できない状態に追い込まれていた。FOXニュースによると運営会社の米パーラーは、サーバーなどを貸し出すホスティングサービスを手がける米エピック(Epik)にドメイン名を登録しており、1月末までにサービスを再開する計画だという。サービスの構築や運営を支援するベンダー名は明かしていない。

    2021.01.19 13:52
  • 米フェイスブック、ホワイトハウス周辺のイベント作成を就任式まで停止

    米フェイスブックは1月20日の新大統領就任式まで、首都ワシントンDCのホワイトハウス周辺などで新しいイベントやグループを作成できないようにしている。15日に同社が表明したもので、参加者が暴徒化する集会を防ぐ狙いがある。フェイスブックは武器の広告を禁止しているが、16日には武器の付属品や保護用具などを少なくとも22日まで禁止することを明らかにした。

    2021.01.18 09:20
  • 米ウォルマートのマーク・ロア氏が退社、Eコマース戦略責任者

    米ウォルマートのEコマース戦略を率いてきたマーク・ロア氏が退社する。米ウォール・ストリート・ジャーナルが1月15日、報じた。1月末でウォルマートを去り起業家として活動するという。ロア氏はウォルマートが2016年に買収したジェット・ドットコムを創業した。ウォルマートは対アマゾンの戦略を加速するため、ジェットを買収してロア氏を獲得した。Eコマースのノウハウはウォルマート本体に取り込まれ、現在成長しているEコマースは食料品などの店舗でのピックアップとなっている。

    2021.01.18 09:17
  • 米テスラに米当局からリコール要請、対象は約16万台

    米運輸省高速道路交通安全局(NHTSA)が米テスラに対し、電気自動車(EV)の高級セダン「モデルS」と高級SUV(多目的スポーツ車)「モデルX」において、合計で約15万8000万台のリコールを実施するよう求めていることが判明した。半導体部品の寿命が原因で、ADAS(先進運転支援システム)のほか、バックモニター用カメラなどの不具合につながるとしている。

    2021.01.15 16:07
  • 米グーグルが米フィットビットの買収完了、健康データの広告利用に制限

    米グーグルは1月14日、米フィットビットの買収を完了したと明らかにした。グーグルが2019年11月に買収を発表後、欧州連合(EU)の欧州委員会などが審査していた。同委員会は20年12月に買収を了承。日本の公正取引委員会も買収を了承した。買収を認める条件として、フィットビットの健康データを広告に利用することに制限などを課している。

    2021.01.15 16:04
  • モービルアイがLiDARとミリ波レーダーを開発

    自動運転技術を手掛けるイスラエルのモービルアイは親会社の米インテルと協力し、LiDAR(レーザーレーダー)とミリ波レーダーを開発すると「CES 2021」で発表した。モービルアイは、これまで画像センサーを重視してきた。ここにきて、同センサーに加えて、完全自動運転に必要とされるLiDARやミリ波レーダーに取り組むことにした。

    2021.01.15 16:02
  • 米スナップ、トランプ大統領のアカウントを20日に終了

    米スナップは、1月20日に米トランプ大統領のアカウントを終了させ、永久に利用できないようにする。米CNBCが13日に報じた。スナップは動画・写真共有アプリ「Snapchat」を提供している。米連邦議会における暴動に関連し、既にアカウントは停止の措置がとられている。トランプ大統領のアカウントはSnapchatにガイドラインに違反するような投稿をしようとしていたという。

    2021.01.14 12:25
  • 米インテル、元CTOのゲルシンガー氏がCEOに復帰

    米インテルは1月13日、米VMウェアCEO(最高経営責任者)のパット・ゲルシンガー氏が2月15日にCEOに就任すると発表した。ゲルシンガー氏は30年間インテルに所属。CTO(最高技術責任者)も務めた経験があり、復帰となる。EMCを経て、仮想化ソフトウエアを手がけるVMウェアに入社。2012年からCEOを務めていた。

    2021.01.14 12:23
  • 米エヌビディアがゲーム用GPUの新製品

    米エヌビディアは1月12日、オンラインイベントを開催し、ゲーム用GPU(画像処理半導体)の新製品を発表した。ノートパソコン向けとデスクトップパソコン向けの大きく2つがある。いずれもコストパフォーマンスの良さを訴求する。

    2021.01.13 16:49
  • 米GMが「空飛ぶクルマ」をCESで披露

    米ゼネラル・モーターズ(GM)は1月12日、「CES 2021」の基調講演で電動の垂直離着陸(eVTOL)機のコンセプトモデルを発表した。eVTOL機は、従来の航空機に比べて、あたかも自動車のように手軽に乗り降りできることから「空飛ぶクルマ」と呼ばれる。

    2021.01.13 16:47
  • 米ウォルマートがフィンテックスタートアップ、顧客と従業員にサービス提供

    米ウォルマートは1月11日、フィンテック分野のスタートアップ企業を創設すると発表した。フィンテック分野の投資会社とのパートナーシップで取り組み、新会社の株式の過半数をウォルマート側が握る。ウォルマートの顧客だけでなく従業員に対して、低コストで便利な金融サービスを提供する狙いがある。新会社はフィンテック企業との連携や買収などでの成長を想定している。ウォルマートはデジタル通貨の特許を出願するなどフィンテック分野に積極的に取り組み始めている。

    2021.01.12 10:59
  • 米デジタル技術展CES、完全オンラインで開幕

    米デジタル技術展覧会の「CES 2021」が1月11日、開幕した。新型コロナウイルスの感染拡大によって、講演から展示まで完全オンラインでの開催となった。14日まで繰り広げられる。各業界や各分野におけるデジタルトランスフォーメーション(DX)がメインのテーマとなり、メッセージに脱炭素などの環境対応を盛り込む企業も多い。日本からはソニーやパナソニック、キヤノンなどが参加するが、トヨタ自動車は出展を取りやめた。

    2021.01.12 10:15
  • トランプ支持者利用のSNS、米アマゾン系がサービス停止

    トランプ米大統領の支持者が活用していた右派SNS「Parler」のサービスが1月11日、利用できなくなった。同社にクラウドサービスを提供していた米アマゾン・ウェブ・サービスが、「暴力を助長・扇動するような投稿を削除できない顧客にサービスを提供できない」とParlerの運営会社である米パーラーに通告しており、実際に提供を止めたとみられる。米連邦議会へのトランプ氏支持者の乱入を巡っては、米ツイッターや米フェイスブックがトランプ氏のアカウントを停止したほか、米アップルや米グーグルがParlerをアプリ配信サイトのリストから削除。カナダの電子商取引プラットフォームサービスのショッピファイは、トランプ氏に関連する商品を扱うオンラインストアを閉鎖するなどしている。

    2021.01.12 10:11
  • 米テレダインが赤外線カメラの米フリアーを80億米ドルで買収

    オシロスコープなどを手掛ける米国の大手測定器メーカーのテレダイン・テクノロジーズは1月4日、赤外線カメラの米フリアーシステムズを約80億米ドルで買収すると明らかにした。フリアーは同カメラ分野の老舗。センサー技術に強みを持ち、米軍のプロジェクトにも参画している。テレダインと製品が重複しないため、補完関係にあるとしている。

    2021.01.08 13:10
  • 元アップルの著名半導体技術者がカナダのAIチップ新興企業CTOに

    著名な半導体技術として知られるジム・ケラー氏が、カナダの新興企業TenstorrentのPresident(社長)兼CTO(最高技術責任者)に就任したと、同社が1月6日に明らかにした。Tenstorrentは「AIチップ」と呼ばれるような機械学習用の半導体製品を手掛ける。ケラー氏はこれまで、米AMDや米アップル、米テスラ、米インテルに在籍。それぞれで重要な半導体製品の設計を担当してきた人物として知られている。

    2021.01.08 10:37
  • 米アップルのアプリストアの売上高、元日だけで5億4000万ドル

    米アップルは2021年1月6日、20年のクリスマスイブ(12月24日)から大晦日(12月31日)までで、「App Store」のユーザーがデジタルグッズやサービスに費やした金額が18億ドルに達したと明らかにした。21年1月1日だけで5億4000万ドルを記録した。過去最高の単日売上だという。

    2021.01.08 10:35
  • 米ソニーがLEDディスプレーの新製品、高輝度や高コントラスト

    ソニーの米国法人であるSony Electronics(ソニー・エレクトロニクス)は2021年1月6日、LED(発光ダイオード)ディスプレー「Crystal LED」の新製品を発表した。輝度が高い「Bシリーズ」とコントラスト比が高い「Cシリーズ」の2つ。いずれも21年夏に発売する予定で、企業のショールームやロビーなどでの利用を想定する。

    2021.01.08 10:32
  • 米フェイスブック、有名人や企業の公開ページから「いいね」を廃止

    米フェイスブックは1月6日、有名人や企業などが利用する公開ページのデザインを刷新したと公表した。有名人やアーティスト、ブランド企業などが利用する公開ページにおいて、「いいね(Like)」のボタンを廃止。いいねを押すのではなく、ページを明示的にフォローするユーザーとして管理する。フォロワーのユーザー数をコンテンツが更新されたら通知がいくファンの規模として、影響力の指標に活用することなどを想定している。

    2021.01.07 10:12

その他の支局

あなたにおすすめ

  • は、日経ビジネス電子版の会員のみご利用できます

    日経ビジネス電子版有料会員になると…

    専門記者によるオリジナルコンテンツが読み放題

    著名経営者や有識者による動画、ウェビナーが見放題

    読者数No.1
    ※日経ビジネス最新号&8年分のバックナンバーが読み放題

    [誌面ビューアー]雑誌のビジュアルなレイアウトをウェブでも

    「誌面ビューアー」は、紙の雑誌と同じレイアウトで記事を読むための機能です。ウェブブラウザーで読みやすいようにレイアウトされた通常の電子版画面とは異なり、誌面ビューアーでは雑誌ならではのビジュアルなレイアウトでご覧いただけます。スマートフォン、タブレットの場合は専用アプリをご利用ください。 詳細を読む

    ご利用条件:
    有料会員限定

    [クリップ機能]お気に入りの記事を保存しよう

    「クリップ機能」は、また読みたいと思った記事や、後からじっくり読みたいお気に入りの記事を保存する機能です。クリップした記事は、メニューから「マイページ」を開き「クリップ」を選ぶと一覧で表示されます。 詳細を読む

    ご利用条件:
    有料会員限定

    [有料記事の閲覧]登録会員(無料)でも一定本数読める

    日経ビジネス電子版では、閲覧を制限している状態を「鍵が掛かっている」と表現しています。有料会員としてログインすると、鍵の有無にかかわらず全ての記事を閲覧できます。登録会員(無料)でも、月に一定本数、鍵付き記事をお読みいただけます。 詳細を読む

    ご利用条件:
    登録会員

    [コメント投稿]記事対する自分の意見を書き込もう

    記事の内容やRaiseの議論に対して、意見や見解をコメントとして書き込むことができます。記事の下部に表示されるコメント欄に書き込むとすぐに自分のコメントが表示されます。コメントに対して「返信」したり、「いいね」したりすることもできます。 詳細を読む

    ご利用条件:
    登録会員以上かつリゾーム登録済み

    [記事への評価]参考になったかどうかを読者が投票

    記事末尾の「投票」ボタンを押すことで、その記事が参考になったかどうかを投票する機能です。投票できるのは1記事につき1回のみ。投票の結果はすぐに反映され、トップページの記事リストなどにも表示されます。評価の高い記事を選んで読むといった使い方ができます。 詳細を読む

    ご利用条件:
    登録会員以上

    [シリーズWATCH]気になる記事の続きを見逃さない

    「このシリーズの続きが読みたい」「この議論の展開を見届けたい」と思った時に便利な機能です。「WATCH」すると、そのシリーズの新着記事が配信された際に、Raiseの場合はその議論に新しいコメントがついた際などに通知されます。 詳細を読む

    ご利用条件:
    登録会員以上かつリゾーム登録済み
    日経電子版セット2カ月無料

    日経電子版セット2カ月無料

    〈締切迫る!〉日経ビジネス電子版と日経電子版がセットでお得に。1月31日まで