1. TOP
  2. シリコンバレー支局
グローバルダイジェスト
シリコンバレー支局
?
  • 米アマゾンの海外サイト、米政府が「悪質市場」に指定か

    米アマゾン・ドット・コムが米国外で運営する一部のサイトを、米通商代表部(USTR)が「悪質市場」リストに加えることを検討していると、米ウォール・ストリート・ジャーナルなどが6日、報じた。USTRは毎年、偽造品や海賊版などを販売、あるいは販売を手助けしているとする市場を指定して公表している。ある業界団体はアマゾンの5つの海外サイトをリストに加えるよう求めているという。トランプ政権当局者の一部も支持しているとする。USTRは近くリストを公表する見通し。ここ数年では、中国アリババ集団の消費者間取引市場「淘宝網(タオバオ)」が入った。

    2019.12.09 15:07
  • 米アマゾン、ニューヨークで大型オフィスビルをリース

    米アマゾン・ドット・コムがニューヨークで大型オフィスビルのリース契約を結ぶと米ニューヨーク・タイムズなどが6日、報じた。場所はマンハッタン区ミッドタウンで、大型複合開発施設「ハドソンヤード」の近くのビルだという。オフィス空間の面積は約3万2000平方メートル(東京ドーム約0.7個分)。消費者部門と広告部門の従業員約1500人を収容する計画とする。19年2月に断念したクイーンズ区の第2本社計画の時のような、州と市からの助成金や税制優遇はないという。

    2019.12.09 15:05
  • 米テスラの中国で生産する「モデル3」、中国政府の助成金対象に

    米テスラが中国で生産する電気自動車(EV)「モデル3」が同国の助成金制度の対象になるとロイターが6日、報じた。新エネルギー車を対象にする政府の補助金支給制度の推奨リストにモデル3の2車種が入ったという。テスラは今年10月、上海工場での試験生産を予定より早く始めたことを明らかにした。週1000台以上の生産を目指しており、20年1月25日の春節(旧正月)までに納車を開始したい考えだという。

    2019.12.09 15:05
  • 米ウーバーの安全報告書、昨年の性的暴行3000件以上

    米ウーバーテクノロジーズは5日、同社の米国配車サービスに関する安全報告書を公表した。運転手や乗客が被害に遭った性的暴行の報告件数は2017年に2936件、2018年に3045件あった。身体的暴行による死亡件数は17年が10件、18年が9件。衝突などの交通事故による死者数は17年が49人、18年が58人だった。18年の配車サービス提供回数は13億回で、前年から3割増加した。

    2019.12.06 14:05
  • 米ウェイモ、配車サービスアプリのiPhone版を提供

    米グーグル系の自動運転開発会社の米ウェイモは5日、iPhone用の配車アプリの提供を始めた。これまでAndroid向けアプリでサービスを提供していた。同社がアリゾナ州フェニックスで自動運転の商業サービスを始めてから1年がたった。今後は顧客基盤の拡大を図るとの観測が出ている。ウェイモによると、現在の月間利用者数は約1500人。サービス利用回数は19年1月時点から3倍に増えた。17年4月に始めた公開試験プログラムからこれまでの総利用回数は10万回を超えるという。

    2019.12.06 14:05
  • 米フェイスブックが香港企業を提訴、「オンライン広告詐欺」

    米フェイスブックは、利用者に対しオンライン広告詐欺を働いたとして、香港企業のアイライクアド・メディア・インターナショナルと関係者2人をカリフォルニア州の裁判所に提訴した。5日、明らかにした。マルウエア(悪意のあるプログラム)をインストールさせた後、利用者のアカウントを使って偽造品や痩せ薬などの広告を表示させたという。Facebookのシステムと利用者に対し、それぞれ異なる広告リンクを表示する「クローキング」という手口も使ったとしている。

    2019.12.06 14:05
  • 米インスタグラム、新規アカウント作成時の生年月日登録を義務化

    米フェイスブック傘下の米インスタグラムは4日、写真共有アプリ上で新規アカウントを作成する際に生年月日の登録を義務付ける新ルールを導入した。12歳以下の利用を禁じる規約を厳格化するとともに、年齢情報を広告などのコンテンツに反映させる。未成年者にはアルコールなどの広告を見せないという。加えて、若年層に適したアカウント管理やプライバシー設定を推奨する。生年月日は利用者のアカウント情報でのみ確認でき、他の利用者には公開しないという。

    2019.12.05 17:55
  • 中国アリババ出資の自動運転開発社、米で安全ドライバーなしの試験走行免許を申請

    中国のアリババ集団などが出資する香港の自動運転開発会社オートX(AutoX)が、カリフォルニア州でセーフティードライバーが乗車しない公道試験走行の免許を申請したとロイターが4日、報じた。人は乗車しないものの、万が一に備えてオペレーターが遠隔で車両を監視する。同社の最高業務責任者は「3年間の努力の結果、公道を安全に走ることができる技術を得たと確信している」と述べたという。

    2019.12.05 17:55
  • 米アマゾン、5G活用のクラウドサービスで米ベライゾンやKDDIなどと提携

    米アマゾン・ドット・コム傘下のクラウドサービス事業、米アマゾン・ウェブ・サービス(AWS)は3日、5G通信を活用したクラウドサービスの提供で、各国の通信大手と提携することを明らかにした。利用者に近い場所にコンピューターやストレージなどを置き、低遅延のデータ処理を実現するエッジコンピューティングを提供する。米ベライゾン・コミュニケーションズやKDDI、英ボーダフォン・グループ、韓国SKテレコムなどと協力する。各社の5Gネットワーク内にAWSの新たなコンピューティング・ストレージサービス「AWS Wavelength」を配置し、より低遅延のサービスを提供するという。

    2019.12.04 15:07
  • 米サイバーマンデーの売上高、過去最高の94億ドルに

    米アドビ・アナリティクスによると、米国で感謝祭明けの月曜日「サイバーマンデー」(12月2日)のオンライン小売売上高が前年比19.7%増の94億ドルとなり、過去最高を更新した。スマートフォン経由の売上高が初めて30億ドルの大台を突破したという。小売サイトへのスマホからの訪問件数は同約19%増となり、全体の約54%を占めた。女児用の着せ替え人形「L.O.L.サプライズ」やアニメ映画「アナと雪の女王2」の玩具、ゲーム機「Nintendo Switch」、VR(仮想現実)機器などがよく売れたという。

    2019.12.04 15:07
  • 米アマゾンが量子コンピューターのクラウドサービス

    米アマゾン・ドット・コム傘下のクラウドサービス事業、米アマゾン・ウェブ・サービス(AWS)は2日、量子コンピューターのクラウドサービス「Amazon Braket(ブラケット)」を発表した。カナダのDウエーブ・システムズや米イオンQ、米リゲッティ・コンピューティングなどの新興企業と提携し、各社の量子コンピューターをクラウド経由で利用できるようにする。加えて、ハードウエアとソフトウエアの開発促進を目的とする「AWS量子コンピューティングセンター」を開設するほか、顧客とアマゾンの技術者の共同研究プログラム「アマゾン量子ソリューションラボ」を始める。

    2019.12.03 15:07
  • 米フェイスブック、写真と動画を他社サービスに移動する機能を提供

    米フェイスブックは2日、利用者が投稿した写真や動画のデータを他社サービスに直接移動できる機能を提供すると明らかにした。まず、米グーグルの写真保存・共有サービス「Googleフォト」に対応する。当初はアイルランドの利用者に限定するものの、2020年前半には全世界に広げる計画。個人データのダウンロード機能などを提供する「あなたのFacebook情報」に新機能を設ける形である。移動の際は、すべてのデータを暗号化するなど利用者のプライバシー保護とセキュリティーを最優先するという。

    2019.12.03 15:05
  • 米アップル、「ミニLED」採用のiPadやMacBook Proを20年に発売か

    米アップルが「ミニLEDディスプレー」を採用した新製品を発売する計画だと米CNBCが2日、報じた。アップル製品の市場動向やサプライチェーン情報に詳しい著名アナリストのミンチー・クオ氏が予測したという。ミニLEDディスプレーとは、100μm(マイクロメートル)〜200μmの微細なLED素子をひとつの画素として用いたものを指す。LEDをバックライトに用いる液晶ディスプレーに比べて、高輝度で低消費電力といった特徴がある。クオ氏は、アップルが新ディスプレーを採用した4〜6種の製品を20年に市場投入するとみている。同年7〜9月発売の「iPad Pro」や同年10〜12月発売の「MacBook Pro」に採用されるとしている。

    2019.12.03 15:05
  • 米ブラックフライデーのネット販売、過去最高の74億ドルに

    米国で感謝祭翌日(11月29日)のブラックフライデーのオンライン小売売上高が前年比19.6%増の74億ドルとなり、過去最高を更新したと米CNBCなどが米アドビ・アナリティクスの調査結果を基に11月30日報じた。米年末商戦の1日のオンライン小売売上高として、2018年のサイバーマンデー(感謝祭明けの月曜日)に次ぐ金額だという。1人当たりの平均注文額は同約6%増の168ドルで、こちらもブラックフライデーの記録を更新した。アドビは米国の上位100社のオンライン小売業者のうち80社の取引を測定している。

    2019.12.02 15:21
  • 米フェイスブック、シンガポール政府の命令に従い「訂正通知」

    米フェイスブックが、シンガポールで施行されたオンライン偽情報対策法に基づき、利用者の投稿に「訂正通知」を掲載したと米ウォール・ストリート・ジャーナルなどが11月30日に報じた。「この投稿に誤った情報があるとシンガポール政府が指摘していることを通知する法的義務があります」と記載しているという。同国では今年10月にオンライン偽情報及び情報操作対策法が施行された。当局は企業に対し、投稿の削除や訂正通知の掲載を命じることができる。フェイスブックは同法の下で政府命令に従った初のテクノロジー企業だという。

    2019.12.02 15:20
  • 米グーグルの個人データ収集、欧州の競争当局が予備調査

    米グーグルの個人データ収集慣行について、欧州の競争当局が予備調査を始めたとロイターが11月30日に報じた。欧州連合の欧州委員会(EC)がデータ収集の方法や目的に関する調査の一環として質問書を送付したと当局者は話している。ロイターが入手した資料によると、地域情報検索サービスやオンライン広告、ウェブブラウザーなどを調べているもよう。グーグルの広報担当者は声明で、データはサービス向上のために利用しており、ユーザーはいつでも管理、削除、移動することができると述べているという。ECはこれまで3度にわたり、合計82億5000万ユーロの制裁金支払いを同社に命じている。

    2019.12.02 15:20
  • 10月の米国料理宅配市場のトップ3は、ドアダッシュ、グラブハブ、ウーバー

    米調査会社のセカンドメジャーが21日に公表したレポートによると、2019年10月の米国料理宅配サービス市場で売上高が最も多かった企業は米ドアダッシュだった。シェアは35%。売上高は前年同月比で114%増加した。米グラブハブ(シェア30%)と米ウーバーテクノロジーズ(同20%)が続いた。ドアダッシュはワシントンDCやヒューストン、サンフランシスコなどで高いシェアを持つ。グラブハブはニューヨーク市で、ウーバーはマイアミでそれぞれ他社を大きくリードしている。市場全体の売上高は前年同月比40%増となった。

    2019.11.22 17:35
  • 米マイクロソフトの中国ファーウェイへのソフト輸出、米政府が許可

    米マイクロソフトが、中国・華為技術(ファーウェイ)に対するソフトウエアの輸出を許可されたとロイターが21日に報じた。「大衆向けソフトウエアの輸出許可申請を20日付で商務省が承認した」と広報担当者が述べたという。米メディアによると、ロス商務長官は19日、米テレビのインタビューで約300件の輸出許可申請を受け、一部に許可を出し始めたと述べたとする。ロイターによると、20日時点で約半分の審査が終了した。そのうち約半分が承認され、残りは却下されたという。

    2019.11.22 17:35
  • 米アマゾン、オフィス用品の自動注文機器を20年発売

    米アマゾン・ドット・コムは21日、「ダッシュ・スマート・シェルフ」と呼ぶオフィス用品の自動注文機器を発売すると明らかにした。本体にはかりを備えた板状の機器。同種類の消耗品を積んで収納しておき、軽くなるとアマゾンに注文する仕組み。コピー用紙やボールペン、紙コップ、トイレットペーパーなどを自動で注文する。注文数の設定などはアプリで行う。大きさは、約46cm×33cm、約30cm×25cm、約18cm×18cmの3種類。2020年の発売とみられる。

    2019.11.22 16:35
  • 米上院議員、アマゾンにホームセキュリティー機器のデータ管理方針を質問

    米民主党上院議員5人が米アマゾン・ドット・コム傘下のホームセキュリティー機器企業の情報保護方針を尋ねる書簡をジェフ・ベゾス最高経営責任者に送ったと、米CNBCが20日、報じた。アマゾンが2018年に買収した米リングは、セキュリティーカメラ搭載のスマートドアチャイムなどを手がけている。議員らは動画や個人情報の管理方法を尋ねたという。データが外国人に盗まれるようなことがあれば、米国民のプライバシーが脅かされるだけでなく、国家安全保障上の問題になると指摘している。

    2019.11.21 19:31

その他の支局

あなたにおすすめ

  • は、日経ビジネス電子版の有料会員のみご利用できます

    週刊ビジネス誌で28年連続 読者数No.1

    各業界に精通した記者50名超が独自取材

    1500社以上の企業事例

    ※日本ABC協会2018年度認証部数(ビジネス分野)

    は、日経ビジネス電子版の有料会員のみご利用できます

    全ての記事が読み放題

    有料会員限定記事10,000以上が読み放題

    雑誌7年分350冊が読み放題 e.t.c

    は、日経ビジネス電子版の会員のみご利用できます

    週刊ビジネス誌で28年連続 読者数No.1

    各業界に精通した記者50名超が独自取材

    1500社以上の企業事例

    ※日本ABC協会2018年度認証部数(ビジネス分野)

    フォロータグ一覧
    キャンセル

    [誌面ビューアー]雑誌のビジュアルなレイアウトをウェブでも

    「誌面ビューアー」は、紙の雑誌と同じレイアウトで記事を読むための機能です。ウェブブラウザーで読みやすいようにレイアウトされた通常の電子版画面とは異なり、誌面ビューアーでは雑誌ならではのビジュアルなレイアウトでご覧いただけます。スマートフォン、タブレットの場合は専用アプリをご利用ください。 詳細を読む

    ご利用条件:
    有料会員限定

    [クリップ機能]お気に入りの記事を保存しよう

    「クリップ機能」は、また読みたいと思った記事や、後からじっくり読みたいお気に入りの記事を保存する機能です。クリップした記事は、メニューから「マイページ」を開き「クリップ」を選ぶと一覧で表示されます。 詳細を読む

    ご利用条件:
    有料会員限定

    [有料記事の閲覧]登録会員(無料)でも一定本数読める

    日経ビジネス電子版では、閲覧を制限している状態を「鍵が掛かっている」と表現しています。有料会員としてログインすると、鍵の有無にかかわらず全ての記事を閲覧できます。登録会員(無料)でも、月に一定本数、鍵付き記事をお読みいただけます。 詳細を読む

    ご利用条件:
    登録会員

    [コメント投稿]記事対する自分の意見を書き込もう

    記事の内容やRaiseの議論に対して、意見や見解をコメントとして書き込むことができます。記事の下部に表示されるコメント欄に書き込むとすぐに自分のコメントが表示されます。コメントに対して「返信」したり、「いいね」したりすることもできます。 詳細を読む

    ご利用条件:
    登録会員以上かつリゾーム登録済み

    [記事への評価]参考になったかどうかを読者が投票

    記事末尾の「投票」ボタンを押すことで、その記事が参考になったかどうかを投票する機能です。投票できるのは1記事につき1回のみ。投票の結果はすぐに反映され、トップページの記事リストなどにも表示されます。評価の高い記事を選んで読むといった使い方ができます。 詳細を読む

    ご利用条件:
    登録会員以上

    [連載フォロー]気になる記事の続きを見逃さない

    「この連載の続きが読みたい」「この議論の展開を見届けたい」と思った時に便利な機能です。「連載をフォロー」「シリーズをフォロー」は、その連載の新着記事が配信された際に、「議論をフォロー」は、その議論に新しいコメントがついた際に通知されます。 詳細を読む

    ご利用条件:
    登録会員以上かつリゾーム登録済み