1. TOP
  2. シリコンバレー支局
グローバルダイジェスト
シリコンバレー支局
?
  • 米ディズニーが米従業員の一時帰休を実施、新型コロナウイルス感染拡大で

    米ウォルト・ディズニーが米国従業員の一時帰休を実施すると、ロイターが2日、報じた。「必要不可欠」な人員を除き、4月19日に開始するという。新型コロナウイルス感染拡大への対応で、テーマパークや映画・番組制作などの事業を停止している。「事業再開のめどが立たず、次の段階の措置を取る難しい決断を迫られた」と述べたとする。全従業員に対する同18日までの給与全額支払いを約束。一時帰休中も医療保険料を支払うという。

    2020.04.03 16:50
  • 米ウーバー、フランスでスーパーの食料品配達、新型コロナウイルス感染拡大への対応で

    米ウーバーテクノロジーズの料理宅配部門「Uber Eats」がフランスでスーパーマーケットの商品の配達を始めると、ロイターが1日、報じた。大手スーパーの仏カルフールと提携し、4月6日からパリと周辺地域の15店で開始する。新型コロナウイルス感染拡大への対応で外出禁止令が出されているフランスで、国民の食糧ニーズに応えるとしている。サービスは全国展開する計画。4月中の配達料はウーバーが負担するという。

    2020.04.03 16:45
  • 米アマゾンが8万人を新規雇用、新型コロナウイルス感染拡大による需要増で

    米アマゾン・ドット・コムは2日、米国の物流施設や配送ネットワークで8万人以上を新規雇用したと明らかにした。新型コロナウイルス感染拡大によるネット通販の需要増で、新たに10万人を雇用するとしていたが、すでに8割を達成したという。新たな対策として一部の物流施設で検温を始めた。38度を超える発熱がある場合は帰宅させ、3日連続の平熱を確認した後に復帰するよう指示している。4月第2週にも米国と欧州の物流施設、傘下のスーパーマーケットのすべてで実施するとしている。

    2020.04.03 16:45
  • 米テスラのEV世界販売台数4割増、1〜3月として過去最高

    米テスラは2日、2020年1〜3月期の電気自動車(EV)世界販売台数が8万8400台になったと明らかにした。前年同期から40%増加し、1〜3月期として過去最高になったものの、四半期の過去最高を更新した19年10〜12月期から21%減少した。内訳は「モデル3」と「モデルY」の合計が7万6200台、「モデルS」と「モデルX」の合計が1万2200台。全車種の合計生産台数は前年同期比33%増の10万2672台だった。

    2020.04.03 16:45
  • 米アマゾンのデトロイト物流施設で抗議デモ、従業員の新型コロナウイルス感染確認で

    米アマゾン・ドット・コムのデトロイト近郊の物流施設で従業員が抗議デモを行ったと、ロイターが1日、報じた。従業員に新型コロナウイルスの陽性が確認されたことを受けたもので、消毒・洗浄のための施設閉鎖や、感染した従業員と家族の医療費支払いを求めているという。アマゾンによると物流施設の従業員数は4000人以上。参加者はそのうちの約15人で、業務に支障はないと述べているという。

    2020.04.02 15:22
  • 米アップル、「Prime Video」など一部動画アプリで課金の手数料徴収を撤廃

    米アップルが一部の動画ストリーミングアプリで、アプリ内課金時の自社決済システム利用義務付けを撤廃したと、米CNBCやロイターが1日、報じた。対象には米アマゾン・ドット・コムの「Prime Video」などが含まれるという。これまで「iOS」や「tvOS」向けアプリ内でコンテンツを販売する際、アップルの決済システムを利用する必要があった。同システムを利用すると販売金額から15〜30%の手数料が差し引かれる。アマゾンなどはこれに反発。アプリ内課金を導入していなかった。アップルは「認定された高品質の動画エンターテインメント」を対象にすると説明しているものの、その基準を明らかにしていないという。

    2020.04.02 15:15
  • ノートPCやPC用モニターの販売急増、新型コロナウイルス感染拡大で需要増

    米調査会社のNPDグループが31日に公表したレポートによると、米国でパソコン(PC)と周辺機器の販売が急激に伸びている。新型コロナウイルス感染拡大への対応で自宅待機が増えたことが要因としている。3月1〜2週のパソコン用モニターの販売は前年同期からほぼ2倍の8万台になった。ノートパソコンは同10%増で、マウスとキーボードもそれぞれ10%増加したという。法人用ノートパソコンは2月の最終週で同約30%増、3月1〜2週は同50%以上増加したという。

    2020.04.01 15:15
  • 米アップル、気象情報アプリの米新興企業「ダーク・スカイ」を買収

    米アップルが気象情報アプリを手がける米国の新興企業、ダーク・スカイを買収したと、米CNBCが31日に報じた。ニューヨークに拠点を置く2012年設立の企業だという。「ハイパーローカル」と呼ばれる非常に局地的な気象情報を提供している。iOS向けアプリは提供を続けるが、Android向けはすでに配信を停止。他のアプリ向けAPIサービスの新規受付も終了した。Androidユーザーやウェブサイト向けサービスは20年7月1日をもって終了するという。

    2020.04.01 15:15
  • 米ゼロックス、米HPへの敵対的買収を撤回、新型コロナウイルス感染拡大で困難に

    米ゼロックスは31日、米HPに対する敵対的TOB(株式公開買い付け)を撤回すると明らかにした。HP取締役の入れ替え提案も取り下げる。新型コロナウイルス感染拡大によるマクロ経済と市場の混乱で、買収を追求することが困難な状況になったという。声明で「残念だが、従業員や顧客、パートナーなどの健康と安全、世界的大流行への対応を優先する」と述べた。

    2020.04.01 15:15
  • カリフォルニア州知事、新型コロナウイルス対策で数千人の医療従事者を募集

    カリフォルニア州のギャビン・ニューサム知事が新型コロナウイルス感染者の急増に伴い、臨時医療従事者を募集すると、米CNBCが30日に報じた。「California Health Corps」という取り組みを開始。医師や看護士、医療助手、救命士、医学生、看護学生など数千人を募るという。知事はツイッターへの投稿で「これから起きることに準備する。我々の総力を挙げる時だ」と述べた。協力者には報酬が支払われ、医療過誤保険が適用されるという。

    2020.03.31 15:50
  • 米アマゾンや米インスタカートの従業員がスト、新型コロナウイルス感染拡大で待遇改善を要求

    米アマゾン・ドット・コムや米インスタカートの従業員がストライキを実施したと、米ニューヨーク・タイムズや米ウォールストリート・ジャーナルなどが30日に報じた。新型コロナウイルスの感染拡大で不安が広がる中、職場の安全対策やリスクに対する賃金の不十分さを訴えたという。アマゾンでは、ニューヨーク・スタテン島の物流施設で50人以上が参加。イタリアのフィレンツェ近くの物流施設でも数十人が参加したという。インスタカートの従業員は、1回の注文当たり5ドルの危険手当や10%の標準チップ、疾病手当を要求しているとする。

    2020.03.31 15:45
  • 米FB、新型コロナウイルス感染拡大で影響を受けたメディア企業に1億ドル拠出

    米フェイスブック(FB)は30日、新型コロナウイルスの感染拡大により経済的影響を受けたメディア企業を支援するため、1億ドルを拠出すると明らかにした。2500万ドルを緊急支援金として米国の地方メディアに拠出し、7500万ドルを広告掲出料として世界のメディア企業に支出する。ウイルスの世界的大流行で読者数は急増しているものの、企業の広告費が削減されており、地方メディアは大きな打撃を受けているという。

    2020.03.31 15:45
  • iPhone需要の落ち込みをアジアのサプライヤーが懸念、新型コロナウイルス感染拡大で

    米アップルのスマートフォン「iPhone」の生産体制は回復しつつあるものの、新型コロナウイルス感染拡大の影響による需要の落ち込みが懸念されていると、ロイターが27日に報じた。組立て請負大手の幹部は、1〜3月期の発注量が前年同期から18%減少したと述べたという。あるディスプレーメーカーは2020年の出荷個数を当初目標から約17%減の5800万個にすることを検討中。「今は生産体制でなく、米国や欧州の需要をいかに持続できるかどうかがサプライヤーの関心事だ」と関係者は話しているという。

    2020.03.30 14:59
  • 米アップルが新型コロナウイルス対策のアプリとサイト公開、CDCやホワイトハウスと共同開発

    米アップルは27日、新型コロナウイルスの関連情報と自己診断ツールを提供するアプリとウェブサイトを公開した。米疾病対策センター(CDC)や米ホワイトハウスの対策本部、米連邦緊急事態管理局(FEMA)と共同開発したという。ウイルスの特徴や症状などの基本情報のほか、人と人との間隔を空け、接触機会を減らす「ソーシャル・ディスタンシング」、手洗いなどの予防対策、自己隔離、検査の要否、検査・受診方法といった情報を提供する。

    2020.03.30 14:59
  • 米アマゾンが米リフトのドライバーを雇用、新型コロナウイルス感染拡大による配車需要減で

    米アマゾンが米リフトの配車ドライバーを倉庫従業員や配送員として雇うと、米ブルームバーグが27日に報じた。新型コロナウイルス感染拡大の影響で配車サービスへの需要が減少する一方、ネット通販需要が急増しており、余剰ドライバーの雇用で両社が協力するという。ウイルス検査キットや医療用品の配送業務でも雇用する計画。リフトによると、すでに10万人以上が応募しているという。

    2020.03.30 14:55
  • 民泊の米エアビー、新型コロナに対処する10万人の医療従事者などに宿泊施設を無償で

    民泊大手の米エアビーアンドビーは26日、新型コロナウイルスの感染拡大に対処する世界10万人の医療従事者や救急隊員などに、無償で宿泊施設を提供する取り組みを始めると明らかにした。参加ホストを募集している。ホストによる無償提供が不可能な場合でも滞在費を全額免除するという。国際赤十字・赤新月社連盟や国際救済委員会、国際医療隊などの非営利組織と協力するという。

    2020.03.27 15:25
  • 米アマゾンが食料品の配送能力を増強、新型コロナウイルス感染拡大による需要増で

    米アマゾン・ドット・コムは26日、新型コロナウイルス感染拡大による需要の急増に対応するため、食料品の配送能力などを増強していると明らかにした。EC(電子商取引)サイトの生鮮食料品販売「Amazonフレッシュ」と傘下のスーパーマーケット「ホールフーズ・マーケット」の配送サービスや店頭受取りサービスで、滞りなく消費者に行き渡るよう取り組んでいるという。仕入先と24時間体制で連携し、十分な在庫確保に努めるとしている。

    2020.03.27 15:21
  • 米グーグルの社員1000人が新型コロナウイルス検査プロジェクトに参加

    米アルファベットのヘルスケア関連子会社、米ベリリー・ライフサイエンスがカリフォルニア州知事室などと進める新型コロナウイルス検査プロジェクトに米グーグルの社員約1000人が自主参加したと、米CNBCが26日に報じた。オンラインのスクリーニングで検査が必要かどうかを判定。感染の恐れがある住民にドライブスルー方式の検査を提供している。3月15日に開始して以来、約2万人のスクリーニングと約1200人の検査を実施したという。カリフォルニア州サンタクララ郡とサンマテオ郡に加え、リバーサイド郡とサクラメント郡も対象とし、検査態勢を拡充していくとしている。

    2020.03.27 15:20
  • 次期「iPhone」、新型コロナウイルス感染拡大の影響で発売延期の可能性

    新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、米アップルのスマートフォン「iPhone」の次期モデルの発売が延期される可能性があると、米CNBCが25日に報じた。米JPモルガン・チェースのアナリストが予測したという。2011年以降、毎年9月あるいは10月に新モデルを発売しているが、20年は最大2カ月遅れる可能性があるとしている。量産前にアップルの技術者が中国で各種の実証試験を行う必要があるが、世界中で実施されている渡航・入国制限により、計画に遅れが生じるとアナリストはみているという。

    2020.03.26 14:48
  • 「半導体製造は必要不可欠な産業」、米業界団体が操業継続に向け米政府と協力

    米インテルや米マイクロン・テクノロジーなどが加盟する米半導体工業会(SIA)が、工場の操業継続に向けて米連邦当局と協力していると、ロイターが25日に報じた。州・地方政府は、新型コロナウイルス感染拡大の防止策として、不要不急の事業活動を停止するよう命じている。米国土安全保障省(DHS)は3月19日、必要不可欠な事業に関するガイダンスを出した。SIAは同ガイダンスの改善に向けてDHSと協力していくという。SIAのジョン・ニューファー会長は「半導体は医療、通信、エネルギー、金融、運輸、農業、製造、情報技術を支える必要不可欠な産業だ」と述べたという。

    2020.03.26 14:46

その他の支局

あなたにおすすめ

  • は、日経ビジネス電子版の有料会員のみご利用できます

    週刊ビジネス誌で28年連続 読者数No.1

    各業界に精通した記者50名超が独自取材

    1500社以上の企業事例

    ※日本ABC協会2018年度認証部数(ビジネス分野)

    は、日経ビジネス電子版の有料会員のみご利用できます

    全ての記事が読み放題

    有料会員限定記事10,000以上が読み放題

    雑誌7年分350冊が読み放題 e.t.c

    は、日経ビジネス電子版の会員のみご利用できます

    週刊ビジネス誌で28年連続 読者数No.1

    各業界に精通した記者50名超が独自取材

    1500社以上の企業事例

    ※日本ABC協会2018年度認証部数(ビジネス分野)

    フォロータグ一覧
    キャンセル

    [誌面ビューアー]雑誌のビジュアルなレイアウトをウェブでも

    「誌面ビューアー」は、紙の雑誌と同じレイアウトで記事を読むための機能です。ウェブブラウザーで読みやすいようにレイアウトされた通常の電子版画面とは異なり、誌面ビューアーでは雑誌ならではのビジュアルなレイアウトでご覧いただけます。スマートフォン、タブレットの場合は専用アプリをご利用ください。 詳細を読む

    ご利用条件:
    有料会員限定

    [クリップ機能]お気に入りの記事を保存しよう

    「クリップ機能」は、また読みたいと思った記事や、後からじっくり読みたいお気に入りの記事を保存する機能です。クリップした記事は、メニューから「マイページ」を開き「クリップ」を選ぶと一覧で表示されます。 詳細を読む

    ご利用条件:
    有料会員限定

    [有料記事の閲覧]登録会員(無料)でも一定本数読める

    日経ビジネス電子版では、閲覧を制限している状態を「鍵が掛かっている」と表現しています。有料会員としてログインすると、鍵の有無にかかわらず全ての記事を閲覧できます。登録会員(無料)でも、月に一定本数、鍵付き記事をお読みいただけます。 詳細を読む

    ご利用条件:
    登録会員

    [コメント投稿]記事対する自分の意見を書き込もう

    記事の内容やRaiseの議論に対して、意見や見解をコメントとして書き込むことができます。記事の下部に表示されるコメント欄に書き込むとすぐに自分のコメントが表示されます。コメントに対して「返信」したり、「いいね」したりすることもできます。 詳細を読む

    ご利用条件:
    登録会員以上かつリゾーム登録済み

    [記事への評価]参考になったかどうかを読者が投票

    記事末尾の「投票」ボタンを押すことで、その記事が参考になったかどうかを投票する機能です。投票できるのは1記事につき1回のみ。投票の結果はすぐに反映され、トップページの記事リストなどにも表示されます。評価の高い記事を選んで読むといった使い方ができます。 詳細を読む

    ご利用条件:
    登録会員以上

    [連載フォロー]気になる記事の続きを見逃さない

    「この連載の続きが読みたい」「この議論の展開を見届けたい」と思った時に便利な機能です。「連載をフォロー」「シリーズをフォロー」は、その連載の新着記事が配信された際に、「議論をフォロー」は、その議論に新しいコメントがついた際に通知されます。 詳細を読む

    ご利用条件:
    登録会員以上かつリゾーム登録済み
    日経電子版セット2カ月無料!

    日経電子版セット2カ月無料!

    日経ビジネス電子版と日経電子版がセットでお得になります。詳細はこちら