1. TOP
  2. シリコンバレー支局
グローバルダイジェスト
シリコンバレー支局
  • アップル、クアルコムに50億~60億ドルを支払った可能性

    米CNBCは18日、アップルはクアルコムとの特許ライセンス紛争を終わらせるために50億~60億ドルをクアルコムに支払った可能性があると報じた。スイスの投資銀行UBSのアナリスト、Timothy Arcuri氏の推計で、アップルは特許使用料としてiPhone1台あたり8~9ドルをクアルコムに支払うことで合意したと見積もることができるという。

    2019.04.20 09:00
  • ソフトバンク傘下のボストン・ダイナミックス、4足歩行ロボの製品版を発表

    ソフトバンクグループのロボットメーカー、米ボストン・ダイナミックスは4足歩行ロボット「SpotMini」の製品版を年内に発売する。テッククランチが18日に報じた。同社のマーク・レイバートCEO(最高経営責任者)がテッククランチのイベントで明らかにした。レイバートCEOによれば、19年7~8月に量産を始める予定。価格は19年夏に発表するという。

    2019.04.20 08:30
  • フェイスブック、アレクサやSiri対抗の音声アシスタントを開発中

    米フェイスブックは、米アマゾン・ドット・コムの「Alexa(アレクサ)」や米アップルの「Siri(シリ)」、米グーグルの「Googleアシスタント」のような音声アシスタントを開発中だと米CNBCが17日に報じた。VR(仮想現実)用ヘッドマウントディスプレーの「Oculus」シリーズなどを手掛ける部門が担当しているという。音声アシスタントの開発チームは、ワシントン州レイモンドに本拠地を構える。

    2019.04.18 14:00
  • アマゾンが中国内のマーケットプレイス事業から撤退へ

    ロイター通信は17日、米アマゾン・ドット・コムが2019年7月中に中国国内のマーケットプレイス事業から撤退すると報じた。今後90日以内にフルフィルメントセンターを閉鎖し、中国での国内販売業者への支援を縮小する予定。代わりに、クラウドサービスなどのより収益性の高い事業に注力していく。

    2019.04.18 13:10
  • 次世代プレイステーションの一端が明らかに

    ソニーの次世代ゲーム機の一端が見えてきた。米誌「WIRED(ワイアード)」の16日のインタビュー記事内で、ゲーム事業を手掛ける米ソニー・インタラクティブエンタテインメントのマーク・サーニー氏が明らかにした。同氏は著名なゲームクリエーターで、現行の「プレイステーション(PS)4」でリードシステムアーキテクトを務めたキーパーソンでもある。次世代機では、搭載するストレージを従来のHDDより速いSSDに置き換える。さらに、SSDの中でもより高速なものを搭載するという。8K映像にも対応予定。PS4用ゲームソフトとの後方互換性を確保する。次世代機のプロセッサーは、PS4と同じ米AMD製の新世代品。このプロセッサーは、レイトレーシングに対応し、立体音響の再生も可能にする。

    2019.04.17 14:50
  • アップルとクアルコムの特許紛争、両社が訴訟取り下げに合意

    米アップルは米クアルコムと、特許ライセンスをめぐる一連の訴訟を取り下げることに合意したと4月16日に明らかにした。世界中で両社が継続中の訴訟をすべて取り下げる。アップル製品を製造する委託先などの同社の契約メーカーを含めて、継続中の訴訟を終了させる。今回の合意には、アップルからクアルコムへの支払いが含まれているという。同時に、両社は2019年4月1日に発効する6年間のライセンス契約を締結。この契約には、2年間の期間延長のオプションや複数年のチップセット供給が含まれているとする。

    2019.04.17 13:10
  • エアビーがホテル直前予約サービス企業の買収完了

    民泊仲介大手の米エアビーアンドビー(Airbnb)は15日、宿泊施設の直前予約サービスを手掛ける米ホテルトゥナイトの買収が完了したことを明らかにした。ホテルトゥナイトは、スマートフォン用アプリなどを通じて、直前まで残っているホテルの部屋を割引価格で提供している。調査会社の米クランチベースによれば、2019年2月時点で、約1億2700万ドルを調達していたという。

    2019.04.16 14:15
  • アップルとクアルコム、数十億米ドルの特許紛争

    米アップルとパートナー企業が、米クアルコムに対する陪審裁判を始めたと米CNBCが4月15日に報じた。アップルはクアルコムが違法な特許ライセンスを行っていると主張。その損害額は、最大で270憶ドルになるとする。一方クアルコムも、アップルがパートナー企業に対して、いくつかのロイヤリティーの支払いを止めるよう指示していると主張。その損害は最大で150億ドルに達するとしている。

    2019.04.16 11:20
  • テスラがモデル3の3万5000ドルでのネット販売を中止

    米テスラは量産車「モデル3」の3万5000ドルのベース価格でのネット販売をやめた。米ウォール・ストリート・ジャーナルが12日に伝えた。イーロン・マスクCEOが発表時に掲げた3万5000ドルの低価格モデルは、電話や店舗では販売を続ける。ネットでは3万9500ドルが最低価格となっている。

    2019.04.15 16:30
  • ネットフリックスCEOがフェイスブックの社外取締役を退く

    動画配信大手米ネットフリックスCEOのリード・ヘイスティングス氏は、米フェイスブックの社外取締役を退く。米CNBCが12日に報じた。ヘイスティングス氏は2011年から社外取締役を務めていた。フェイスブックが動画配信ビジネスに興味を示しているのが背景との見方もある。

    2019.04.15 15:50
  • ウーバーがIPOの正式資料提出、ソフトバンクが最大株主

    ライドシェア大手の米ウーバーテクノロジーズは11日、新規株式公開(IPO)に向け、米証券取引委員会(SEC)にS1と呼ぶ正式申請の書類を提出した。現時点でソフトバンクグループが16.3%を握る筆頭株主。IPO時に売り出す株式の総額を最大100億ドルに設定しており、時価総額は1000億ドル程度になると見られる。今後、投資家への説明を開始し、来月5月に上場する見通し。

    2019.04.13 12:00
  • ディズニー、動画配信を6.99ドルで11月に開始

    米ウォルト・ディズニーは11日、今年11月から動画配信サービスを月6.99ドルで開始すると発表した。米国で「Disney+」として、ディズニーやピクサー、ナショナルジオグラフィックなどのコンテンツを配信する。

    2019.04.13 11:45
  • アマゾン、AIスピーカーへの利用者の発話内容を確認

    米アマゾン・ドット・コムの音声AIスピーカー「Amazon Echo」に利用者が入力した音声情報を、アマゾンの従業員などが作業のために確認している。米ブルームバーグ通信が10日に伝えた。利用者がどのような意図で発話したのかを分類するデータを付与するのが目的である。AIの精度を上げるために一般的な作業だが、プライバシーの面から議論を呼びそうだ。

    2019.04.11 19:30
  • フェイスブック、問題のある投稿の削除・抑制・告知を開始

    米フェイスブックは10日、規約に違反する問題のある投稿について、削除、抑制、告知の3つの手法で対処していく方針を発表した。SNSのFacebookと同Messenger、Instagramの3サービスが対象で、同日から実施した。

    2019.04.11 19:05
  • ウーバーの時価総額は最大1000億ドルか、5月に上場

    ライドシェア大手の米ウーバーテクノロジーズは新規株式公開(IPO)時に、100億ドル前後相当の株式を販売し、時価総額で900億から1000億ドルを見込んでいる。ロイター通信が9日に、事情に詳しい関係者の話として伝えた。4月末まで投資家への説明を行い、5月にはニューヨーク証券取引所に上場する見通しだという。

    2019.04.10 16:00
  • グーグル、クラウドサービスを2020年までに世界23拠点体制に

    米グーグルは9日、今後4カ所にクラウドサービス用のサーバーを置くセンターを設置することを明らかにした。世界23エリアの展開となる。今後数週間で日本の大阪エリアを稼働させる。2020年に韓国のソウル、米ソルトレイクシティ、インドネシアのジャカルタの3エリアが加わる。米サンフランシスコで開催中のクラウドサービスの年次イベントで発表した。

    2019.04.10 15:20
  • ピンタレストがIPO価格を事前評価よりも低めに設定

    写真共有サイトの米ピンタレストは新規株式公開(IPO)に向けて、公開価格を1株15~17ドルに設定した。米ウォール・ストリート・ジャーナルなどが、ピンタレストが8日から始めた株主への説明会を基に報じた。3月末にIPOしたリフト株が軟調のため、事前の自己評価よりも低く設定したもようだ。

    2019.04.09 11:15
  • リフトが株式の空売りでモルガン・スタンレーの提訴検討

    ライドシェア大手の米リフトは、米大手証券会社のモルガン・スタンレーに対して、新規株式公開(IPO)時の株式の扱いで訴訟を検討している。米ニューヨーク・タイムズが事情に詳しい複数の関係者の話として5日に報じた。モルガン・スタンレーが株式のロックアップ契約の対象となっている投資家の空売りを支援した疑いがあるという。モルガン・スタンレーはリフトのライバルであるウーバーテクノロジーズのIPOの主幹事である。

    2019.04.08 13:00
  • MSのナデラCEO、AIの週次会議に参加

    米マイクロソフト(MS)のサティア・ナデラCEO(最高経営責任者)は「AI 365」と呼ぶ週次の会議に参加し、開発リーダーなどから情報のアップデートを受けている。米CNBCが7日、伝えた。MS社内のAIに関連するプロジェクトが急増する中、方向性をチェックしたり、トレンドを把握したりする狙いがある。

    2019.04.08 12:50
  • グーグルのトップAI研究者がアップルに移籍

    米グーグルの人工知能(AI)のトップ研究者が米アップルに移籍した。米CNBCが4日に報じた。イアン・グッドフェロー氏が3月に、アップルのマシンラーニング(機械学習)担当のディレクターとして移籍した。グッドフェロー氏はAIの学習に必要な正解データがなくても、アルゴリズムを習得できる手法を得意としている。

    2019.04.05 13:00

その他の支局

あなたにおすすめ

は、日経ビジネス電子版の有料会員のみご利用できます
は、日経ビジネス電子版の有料会員のみご利用できます
は、日経ビジネス電子版の会員のみご利用できます
フォロータグ一覧
キャンセル

日経ビジネス語録

どんな将来になっても、人間力というアナログの力の大切さは変わらない。

筒井 義信 日本生命保険会長