1. TOP
  2. シリコンバレー支局
グローバルダイジェスト
シリコンバレー支局
?
  • 米ウーバーの4~6月期決算は宅配が配車を上回る、3割減収に

    米ウーバーテクノロジーズは8月6日、2020年4〜6月期の決算を発表した。売上高は前年同期比29%減の22億4100万ドルだった。配車サービスの売上高は同67%減の7億9000万ドル。料理宅配の売上高は同約2倍の12億1100万ドルとなり、配車サービスを上回った。ダラ・コスロシャヒ最高経営責任者は、「我々のチームは素早い動きでパンデミックに対応し、新たな製品や安全技術をもって業界を前に進めている。追い風を生かし、配達事業を目覚ましく成長させた」と述べた。純損益は17億7500万ドルの赤字で、前年同期の52億3600万ドルの赤字から3分の1となった。前年同期には多額の株式による報酬が生じていたので単純には比較できない。

    2020.08.07 14:19
  • 米マイクロソフト、TikTokの全世界事業の買収を追求か

    米マイクロソフト(MS)は、中国・北京字節跳動科技(バイトダンス)傘下の動画投稿アプリ「TikTok(ティックトック)」について、中国を除く全世界の事業買収を目指していると、英フィナンシャル・タイムズが8月6日に報じた。同2日付の声明でMSは米国、カナダ、オーストラリア、ニュージーランドの4カ国の事業買収を模索中だと述べていた。フィナンシャル・タイムズは5人の関係者の話として、MSがインドや欧州を含む、中国以外の全世界の事業買収を追求していると伝えている。人事などの事務管理部門の分離が困難であることなどが理由だという。

    2020.08.07 14:17
  • 米フェイスブックが在宅勤務を21年7月まで延長、1人1000ドル追加支給

    米フェイスブックが新型コロナウイルス感染拡大への対応で、従業員の在宅勤務を2021年7月まで許可する方針を決めたと、米CNBCやロイターなどが8月6日に報じた。公衆衛生や政府の専門家の助言などに基づく判断だという。自宅作業に必要な器具の購入費用として1人当たり1000ドルの手当を追加で支給する。一部のオフィスは収容人数を制限して順次再開するものの、多くは20年内に再開できないだろうと広報担当者は話したという。

    2020.08.07 14:15
  • 米政府が国内通信分野で中国排除の取り組み「クリーン・ネットワーク」

    米国務省は8月5日、米国内通信における中国企業排除に向けた5分野の取り組みを明らかにした。アプリストア分野では「信頼できない中国製アプリ」の排除を目指すという。ポンペオ国務長官は「中国製アプリは我々のプライバシーを脅かし、コンピューターウイルスをまん延させ、プロパガンダや偽情報を拡散させる」と批判した。「クリーン・ネットワーク」と呼ぶ取り組みの一環で、クラウドサービスや米国製アプリ、通信キャリア、海底ケーブルの分野でも中国の排除を目指すとしている。

    2020.08.07 09:05
  • 米MS、TikTokを最大300億ドルで買収か 米財務長官が交渉関与

    米マイクロソフト(MS)はTikTok(ティックトック)の買収交渉を3週間以内に終了させる計画だと、米CNBCが8月5日に報じた。最終期限の2020年9月15日よりも早く結論を出す意向だという。買収額は100億〜300億ドルになる可能性があり、交渉にはムニューシン米財務長官が深く関与しているとする。MSはティックトックのソフトウエアコードを1年以内に中国から米国に移すことで米政府と合意しているという。トランプ米大統領は価格の一部を米財務省に入れるべきだと主張しているが、どのような形で米政府が受け取るかは不明だと報じている。

    2020.08.07 09:00
  • 米アマゾンとインド通信大手のバーティがクラウドサービスで提携

    米アマゾン・ドット・コム傘下のクラウドサービス事業、米アマゾン・ウェブ・サービス(AWS)とインド通信大手のバーティ・エアテルが提携したと、ロイターが8月5日に報じた。共同でバーティのクラウドサービスを開発する計画で、分野はデータ解析やAI(人工知能)、機械学習、セキュリティー・サービスなどとする。AWSはバーティの顧客である2500社以上の大企業や100万社以上のスタートアップ企業と直接的なつながりを持つことができるという。

    2020.08.07 09:00
  • 米国の新型コロナウイルス関連詐欺、被害額1億ドルに

    米国の新型コロナウイルス関連詐欺による被害額が約1億ドルに上っていると、ロイターが米消費者保護団体のレポートを基に8月4日に報じた。今年3月以降の被害件数は15万件以上で、カリフォルニア州、フロリダ州、ニューヨーク州、テキサス州、ペンシルベニア州が被害の多い5州。全体の約3分の1を占めるという。手口は、新型コロナに効くと謳う商品など物品販売に関するものや、偽の現金給付プログラムを持ち掛けて個人情報を盗み出すものなど、さまざまだという。

    2020.08.05 17:05
  • EU競争当局、米グーグルによる米フィットビットの買収を本格調査

    欧州連合(EU)の欧州委員会は8月4日、米グーグルが計画する米フィットビットの買収について、本格的な調査を始めると明らかにした。広告に利用できるデータが増えるとし、市場地位をさらに固定させる恐れがあると懸念している。競争政策を担当するマルグレーテ・ベステアー執行副委員長は「グーグルによるデータの支配によって市場競争が歪められることがないようにする」と述べた。グーグルは声明を出し、「取引の目的は機器であってデータではない。当初から広告に使わないことを明確にしている」と述べた。

    2020.08.05 17:02
  • 英競争当局、米アマゾンによる英料理宅配企業への出資を正式承認

    英競争・市場庁(CMA)は8月4日、米アマゾン・ドット・コムによる英料理宅配サービス「デリバルー(Deliveroo)」への出資を許可した。アマゾンが英料理宅配市場に再参入しない理由はこの取引にあると指摘し調査していたが、新型コロナウイルス感染拡大の影響で経営難に陥ったデリバルーは「破綻企業」とみることができるという。「アマゾンの出資なくしては事業撤退を余儀なくされ、市場競争環境はより悪化する」としている。今年4月以降業績は改善に向かっており、アマゾンが今後出資比率を高めることがあれば、新たな調査の対象になると警告している。

    2020.08.05 16:57
  • NY州やCA州、連邦当局が米アマゾンのマーケットプレイスを調査

    米ニューヨーク(NY)州と米カリフォリニア(CA)州の司法長官が米連邦取引委員会(FTC)と協力し、米アマゾン・ドット・コムのオンライン・マーケットプレイスを調査すると、米ブルームバーグが8月3日に報じた。数週間のうちに3者合同の電話会議を開き、関係者から事情を聴くという。州当局と連邦当局による合同調査は、大きな反トラスト法訴訟に発展する可能性があると報じている。ニューヨーク州はストライキを主導した従業員をアマゾンが解雇した問題も調査するという。

    2020.08.04 16:50
  • 中国AI企業が米アップル提訴、「Siriは特許侵害」と主張

    米アップルに特許を侵害されたとして、中国のAI(人工知能)企業が上海の裁判所に提訴したと、ロイターや米ウォールストリート・ジャーナルなどが8月3日に報じた。アップルの音声アシスタント機能「Siri」が自社の特許を侵害していると主張。100億元(14億3000万ドル)の損害賠償と、製品の製造・使用・販売・輸入の中止を求めているとする。アップルは声明で、Siriの機能には中国企業の特許は含まれていないとし、「提訴は残念だ」と述べたという。

    2020.08.04 14:19
  • トランプ米大統領、「TikTok買収交渉は9月15日まで、不成立なら利用禁止」

    米マイクロソフトによる動画投稿アプリ「TikTok(ティックトック)」の米国事業の買収を巡り、トランプ米大統領が条件付きで容認する意向を表明した。ロイターなどが8月3日に報じた。取引を可能にするのは米政府であるとし、「誰がいかなる金額で買収しようと、取引額の相当な部分を米財務省が得る必要がある」と述べたとする。交渉期限を2020年9月15日とし、不成立の場合は利用を禁じると警告したという。

    2020.08.04 14:17
  • 米マイクロソフトがTikTokの買収交渉を継続、トランプ米大統領が承認

    米マイクロソフトは8月2日、中国発の動画投稿アプリ「TikTok(ティックトック)」の海外事業について、買収交渉を継続すると明らかにした。サティア・ナデラCEO(最高経営責任者)がトランプ米大統領から交渉続行の承認を得たという。声明で「大統領の懸念を払拭することの重要性を十分認識している」と述べた。数週間のうちに親会社の中国・北京字節跳動科技(バイトダンス)との協議を再開し、2020年9月15日までに結論を出すとしている。米国人利用者のデータを確実に米国内にとどめることなどを新たな運営方針とする。交渉は初期段階にあり、合意に至る保証はないとしている。

    2020.08.03 16:00
  • 米アップルが中国で未認可のモバイルゲーム2.6万本を削除

    米アップルが中国のモバイルアプリ配信ストアで、アプリを計2万9800本削除したと、ロイターが8月1日に報じた。うちゲームは2万6000本以上に上るという。中国当局は有料モバイルゲームアプリにライセンスの取得を義務付けており、未認可ゲームの取り締まりを強化しているという。アップルは今年初め、開発者に対し同6月末までに政府発行のライセンス番号を提示するように求めていた。ライセンスの取得には時間がかかるほか、手続きが複雑であるため、大手を除くすべての開発者に影響が及んでいると業界関係者は話しているという。

    2020.08.03 15:50
  • 米フェイスブックが米国で音楽動画配信、大手各社と提携

    米フェイスブックは7月31日、米国で音楽動画の配信を始めると明らかにした。SNS内の動画サービス「Watch」に新たなページを設け、アーティストの公式ミュージックビデオを配信する。ジャンルやアーティスト、ムードなどで探せるほか、さまざまなプレイリストも用意する。利用者はコメントをつけたり、ニュースフィードや対話アプリの「Messenger」でシェアしたりできるという。ソニーミュージックグループや米ユニバーサル・ミュージック・グループ、米ワーナー・ミュージック・グループなどから配信権を得た。インドやタイのレコード会社とも交渉中だという。

    2020.08.03 15:50
  • 米アルファベットが初の減収、3割減益 4〜6月期決算

    米グーグルの持ち株会社である米アルファベットは7月30日、2020年4〜6月期の決算を発表した。売上高は前年同期比2%減の382億9700万ドル、純利益は同30%減の69億5900万ドルだった。減収は上場以来、初めてだという。売上高全体の約8割を占めるグーグルの広告売上高は同8%減の298億6700万ドル。主力の検索広告が213億1900万ドルと、同10%減少した。YouTube広告の売上高は同6%増の38億1200万ドルで、グーグル広告事業の1割強を占めた。クラウドサービスの売上高は30億700万ドルで、同43%増加した。

    2020.07.31 14:05
  • 米アマゾンの4〜6月期決算、4割増収・純利益2倍と「まれな四半期」

    米アマゾン・ドット・コムは7月31日、2020年4〜6月期の決算を発表した。売上高は前年同期比40%増の889億1200万ドル、純利益は同2倍の52億4300万ドルと、2四半期ぶりの増益となった。いずれも四半期として過去最高を更新した。直営のネット通販事業の売上高が同48%増の458億9600万ドル、出店者からの手数料および物流サービス収入が同52%増の181億9500万ドル。クラウドサービス「AWS」の売上高は同29%増の108億800万ドルだった。ジェフ・ベゾスCEO(最高経営責任者)は「4〜6月も非常にまれな四半期だった。予定通り、新型コロナウイルス関連費用として40億ドル以上を使い、従業員の安全を守りながら商品を届けた」と述べた。20年7~9月期も新型コロナ関連費用として20億ドル以上を費やす予定だという。

    2020.07.31 14:03
  • 米アップルの4〜6月期決算、2桁の増収増益 ハード利用が最高

    米アップルは7月30日、2020年4〜6月期の決算を発表した。売上高は前年同期比11%増の596億8500万ドル、純利益は同12%増の112億5300万ドルだった。すべての地域で増収となった。スマートフォン「iPhone」の売上高は同2%増の264億1800万ドル。パソコン「Mac」は同22%増の70億7900万ドル、タブレット端末「iPad」は同31%増の65億8200万ドルと、それぞれ大きく伸びた。Apple WatchやAirPodsなどの「ウエアラブル、ホームおよびアクセサリー」は同17%増の64億5000万ドル。ハードウエア製品の利用台数がすべての地域で過去最高になったという。アプリや音楽の配信などの「サービス」も同15%増の131億5600万ドルと好調だった。

    2020.07.31 13:59
  • iPhone旧モデルの意図的な低速化問題を米国数十州の司法長官が調査

    米アップルがスマートフォン「iPhone」の旧モデルの動作を意図的に遅くしたり、システムを終了させたりしていた問題を米国の複数州の司法長官が調査していると、ロイターが7月29日に報じた。20州以上の超党派連合による合同調査をアリゾナ州が主導しているという。調査は遅くとも2018年10月に始まっていたとする。アップルに対し関連資料の提出を求めているという。

    2020.07.30 15:59
  • 対米外国投資委員会、中国バイトダンス傘下の米ティックトックを調査

    中国の北京字節跳動科技(バイトダンス)の米子会社ティックトックについて、米国の国家安全保障への影響を検討する対米外国投資委員会(CFIUS)が調査していると、米CNBCや米ウォールストリート・ジャーナルなどが7月29日に報じた。ムニューシン米財務長官が同日、明らかにしたという。バイトダンスは2017年に米カリフォルニア州に拠点を置く動画投稿アプリ「ミュージカリー」を買収し、18年にティックトックに統合した。CFIUSは同取引に絡む安全保障上の問題を調査しているという。

    2020.07.30 15:57

その他の支局

あなたにおすすめ

  • は、日経ビジネス電子版の有料会員のみご利用できます

    週刊ビジネス誌で28年連続 読者数No.1

    各業界に精通した記者50名超が独自取材

    1500社以上の企業事例

    ※日本ABC協会2018年度認証部数(ビジネス分野)

    は、日経ビジネス電子版の有料会員のみご利用できます

    全ての記事が読み放題

    有料会員限定記事10,000以上が読み放題

    雑誌7年分350冊が読み放題 e.t.c

    は、日経ビジネス電子版の会員のみご利用できます

    週刊ビジネス誌で28年連続 読者数No.1

    各業界に精通した記者50名超が独自取材

    1500社以上の企業事例

    ※日本ABC協会2018年度認証部数(ビジネス分野)

    フォロータグ一覧
    キャンセル

    [誌面ビューアー]雑誌のビジュアルなレイアウトをウェブでも

    「誌面ビューアー」は、紙の雑誌と同じレイアウトで記事を読むための機能です。ウェブブラウザーで読みやすいようにレイアウトされた通常の電子版画面とは異なり、誌面ビューアーでは雑誌ならではのビジュアルなレイアウトでご覧いただけます。スマートフォン、タブレットの場合は専用アプリをご利用ください。 詳細を読む

    ご利用条件:
    有料会員限定

    [クリップ機能]お気に入りの記事を保存しよう

    「クリップ機能」は、また読みたいと思った記事や、後からじっくり読みたいお気に入りの記事を保存する機能です。クリップした記事は、メニューから「マイページ」を開き「クリップ」を選ぶと一覧で表示されます。 詳細を読む

    ご利用条件:
    有料会員限定

    [有料記事の閲覧]登録会員(無料)でも一定本数読める

    日経ビジネス電子版では、閲覧を制限している状態を「鍵が掛かっている」と表現しています。有料会員としてログインすると、鍵の有無にかかわらず全ての記事を閲覧できます。登録会員(無料)でも、月に一定本数、鍵付き記事をお読みいただけます。 詳細を読む

    ご利用条件:
    登録会員

    [コメント投稿]記事対する自分の意見を書き込もう

    記事の内容やRaiseの議論に対して、意見や見解をコメントとして書き込むことができます。記事の下部に表示されるコメント欄に書き込むとすぐに自分のコメントが表示されます。コメントに対して「返信」したり、「いいね」したりすることもできます。 詳細を読む

    ご利用条件:
    登録会員以上かつリゾーム登録済み

    [記事への評価]参考になったかどうかを読者が投票

    記事末尾の「投票」ボタンを押すことで、その記事が参考になったかどうかを投票する機能です。投票できるのは1記事につき1回のみ。投票の結果はすぐに反映され、トップページの記事リストなどにも表示されます。評価の高い記事を選んで読むといった使い方ができます。 詳細を読む

    ご利用条件:
    登録会員以上

    [連載フォロー]気になる記事の続きを見逃さない

    「この連載の続きが読みたい」「この議論の展開を見届けたい」と思った時に便利な機能です。「連載をフォロー」「シリーズをフォロー」は、その連載の新着記事が配信された際に、「議論をフォロー」は、その議論に新しいコメントがついた際に通知されます。 詳細を読む

    ご利用条件:
    登録会員以上かつリゾーム登録済み