米アマゾン・ドット・コムが、バイデン次期米政権で大統領顧問を務めるスティーブ・リケッティ氏の弟で、ロビイストのジェフ・リケッティ氏を採用したと、米CNBCが12月26日に報じた。アマゾン傘下の「アマゾン・ドット・コム サービシズ」と契約を結んだ。バイデン氏が当選を確実にした日からほぼ1週間後の11月13日に正式決定したとする。「コロナウイルス支援・救済・経済安全保障法(CARES法)」に関する問題などを担当すると報じている。兄弟はそれぞれの職務を完全に分離しており、弟がクライアントのために兄に陳情することはないと関係者は話しているという。