イタリア政府がデジタル課税を導入すると米ウォールストリート・ジャーナルなどが24日に報じた。今週、法案が可決し、成立した。20年1月1日に施行されるという。フランスが19年7月に導入したデジタル課税と同様に、ネット事業の売上高から3%を徴収する予定。売上高が全世界で7億5000万ユーロ以上、かつ国内で550万ユーロ以上ある企業に課税するという。ネット広告やクラウドサービスなどの企業が対象で、米フェイスブックや米グーグルの持ち株会社の米アルファベットが含まれるとする。イタリア政府は年間7億ユーロの税収を見込んでいるという。