今年の米年末商戦はオンラインの売上高が過去最高を更新したと、ロイターが米マスターカードのデータを基に25日報じた。11月1日から12月24日までの自動車を除く小売りの売上高は、前年同期比3.4%増だった。オンラインの売上高は同18.8%増で、全体に占める割合が14.6%になった。今年の感謝祭(11月第4木曜日)は11月28日で昨年より1週間遅く、この日からクリスマスまでの年末商戦期間が6日少なかった。このため、小売り各社は早くから複数の購入方法を用意するオムニチャネル販売を積極的に展開し、消費者の需要に応えたという。