フランスの競争当局が米グーグルに対し、1億5000万ユーロの制裁金を科したと、米ウォール・ストリート・ジャーナルが20日、報じた。グーグルが、検索広告市場の優越的な地位を乱用して広告主を不当に扱ったとしている。具体的には、一貫性を欠く規約の下で、虚偽広告を配信したとする企業のサービス利用を停止したと指摘している。グーグルは控訴の意向を表明している。フランス当局はグーグルに対し、不当措置の停止と規約の明確化を命じるとともに、広告主に事前警告する制度を導入するよう指示したという。