米ウォルマートが、オンラインで購入した商品の返品時に、顧客宅に無料で引き取りに行くサービスを始めると、米CNNが12月21日に報じた。米アマゾン・ドット・コムに対抗するという。ウェブサイトやアプリで申し込み、集荷日を指定して、送り状を印刷する。提携する米フェデックスの運転手が取りに来るという。QRコードを取得すれば、フェデックスの店舗で返送することも可能とする。一方、アマゾンでは傘下のスーパー「ホールフーズ・マーケット」の一部店舗や百貨店の米コールズ、米UPSの店舗などで返品でき、一部の商品はUPSによる有料集荷サービスを利用できるという。