米司法省などが反トラスト法違反の疑いで米グーグルを提訴した裁判で、首都ワシントンの連邦地裁は暫定的な初公判の日程を2023年9月12日に設定したと、ロイターや米CNBCが12月18日に報じた。双方は証拠の準備など公判前の手続きが23年初頭ごろまでかかるとみており、判事が23年9月の日程を提案したという。双方の弁護士から異論は出なかったとする。グーグルに対しては、コロラド州など38州・地域の司法長官と、テキサス州など10州の司法長官もそれぞれ訴訟を提起している。いくつかの訴訟はまとめられる可能性があると報じている。