米アップルがスパイ映画「007」シリーズなどを手がける米MGMホールディングスや米大学スポーツリーグのパシフィック12カンファレンス(Pac-12)と交渉したと、米ウォール・ストリート・ジャーナルが19日に報じた。今年11月に始めた有料動画配信サービス「Apple TV+」のコンテンツ拡充を図るという。ただし、協議は初期段階だと関係者は話している。交渉がまとまれば、スポーツのライブ配信に初進出することになるという。