米アマゾン・ドット・コムや米アップル、米グーグルなどは18日、インターネットにつないで使う、いわゆるスマートホーム機器の共通の通信方式を作ることを明らかにした。無線通信規格の業界団体、ジグビー・アライアンスも参加し「プロジェクト・コネクテッドホーム・オーバーIP」と呼ぶ作業グループを結成した。防犯カメラや電子錠、照明などのさまざまな機器と、各社のスマートホームプラットフォームや音声アシスタントの互換性を高めるという。