米アマゾン・ドット・コムが米格安航空会社(LCC)のサン・カントリー航空と提携し、航空貨物便を増やすと、米CNBCが17日に報じた。サン・カントリーはミネソタ州ミネアポリスを拠点とする、レジャー路線に強みを持つ格安キャリア。2020年4〜6月から10機の「ボーイング737-800」をアマゾンの貨物便として運行し、閑散期の事業をテコ入れする。今後1年半かけてパイロットを150人増員し、アマゾンの要求に応えるという。