米アップルが「ミニLEDディスプレー」を採用した新製品を発売する計画だと米CNBCが2日、報じた。アップル製品の市場動向やサプライチェーン情報に詳しい著名アナリストのミンチー・クオ氏が予測したという。ミニLEDディスプレーとは、100μm(マイクロメートル)〜200μmの微細なLED素子をひとつの画素として用いたものを指す。LEDをバックライトに用いる液晶ディスプレーに比べて、高輝度で低消費電力といった特徴がある。クオ氏は、アップルが新ディスプレーを採用した4〜6種の製品を20年に市場投入するとみている。同年7〜9月発売の「iPad Pro」や同年10〜12月発売の「MacBook Pro」に採用されるとしている。