米フェイスブックが、シンガポールで施行されたオンライン偽情報対策法に基づき、利用者の投稿に「訂正通知」を掲載したと米ウォール・ストリート・ジャーナルなどが11月30日に報じた。「この投稿に誤った情報があるとシンガポール政府が指摘していることを通知する法的義務があります」と記載しているという。同国では今年10月にオンライン偽情報及び情報操作対策法が施行された。当局は企業に対し、投稿の削除や訂正通知の掲載を命じることができる。フェイスブックは同法の下で政府命令に従った初のテクノロジー企業だという。