米フェイスブックが主導するデジタル通貨「リブラ」の運営団体が2021年1月にもサービスを開始する計画だと、英フィナンシャル・タイムズが11月27日に報じた。単一通貨を裏付け資産とする「米ドル版リブラ」が1月にも発行される可能性があると関係者は話しているという。当初複数の通貨を裏付けとするグローバル通貨を目指したが、各国の金融当局が懸念を示したため、単一通貨連動型から始めることにしたという。他の通貨連動型や複数通貨連動型は米ドル版の後になるとする。具体的な開始日はスイスの金融当局による承認時期に左右されると報じている。