米アップルは20日、テキサス州オースティンの新社屋の建設を開始したことを明らかにした。敷地面積は約28万平方メートル(東京ドーム約6個分)。22年のオープンを予定する。当初、従業員5000人を配置するが、最大1万5000人を収容できるという。近くにある工場では、パソコンの最上位機種「Mac Pro」の新モデルを製造中。12月に出荷を始める予定だという。トランプ大統領はこの日、同工場を視察しティム・クック最高経営責任者と会談した。