米フェイスブックは12日、同社グループのアプリで共通利用できる決済サービス「Facebook Pay」を週内に始めることを明らかにした。利用者間の送金や物品・サービスの購入に利用できるという。当初は米国で「Facebook」やメッセージアプリ「Messenger」向けに提供するが、他の地域や他のグループアプリにも広げていく計画。クレジットカードや既存の電子決済サービスのアカウントを登録して利用する。計画中のデジタル通貨のウォレットとは異なるとしている。