米ウーバーテクノロジーズが、最大30日前に配車を予約できるサービスを米国で開始すると、ロイターが11月10日に報じた。新型コロナウイルスの感染拡大が始まった今年3月ごろから事前予約への需要が高まったという。「Uber Reserve」と呼ぶ新サービスでは、運転手の指名依頼も可能になるとする。運転手が予約時間に遅れた場合、自社決済サービスを通じて顧客に50ドルを支払う。ニューヨークやシカゴ、マイアミ、ヒューストン、シアトルなどの約20都市で今後数週間のうちに始めるとしている。