米アップルは11月10日、自社開発の半導体を初めて搭載したパソコン「Mac」3機種を発表した。いずれも「M1」と呼ぶMac向けSoC(システム・オン・チップ)の第1弾を採用する。6つのCPU(中央演算処理装置)コアと6つのGPU(画像処理半導体)コアを搭載。それぞれ最大3.5倍と最大6倍高速で、機械学習機能は最大15倍高速だという。薄型ノートの「MacBook Air」と高性能ノートの「MacBook Pro」の新機種はいずれも13インチディスプレーを備える。同Airは1回の充電で最大15時間の無線インターネットと最大18時間のビデオ再生が可能。同Proは最大20時間利用できる。価格は同Airが999ドルから、同Proが1299ドルから、デスクトップ型の「Mac mini」は699ドルから。