米フェイスブック傘下の米インスタグラムが、写真共有アプリ上で「いいね」の件数を非表示にする実験を米国でも始めるとザ・バージやシーネットなどの米メディアが8日、報じた。「競争の緩和」が目的だと、サンフランシスコのカンファレンスに登壇したアダム・モッセーリ最高経営責任者が語ったという。実験は2019年5月にカナダで開始し、同7月には日本やオーストラリアなどの合計7カ国に広げた。対象に選ばれた利用者に対する「いいね」件数は、投稿した利用者本人だけが確認できるという。